記事コンバージョン120%UP!通販/ECサイトだからこそ必要なお客様への価値提供。 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

記事コンバージョン120%UP!通販/ECサイトだからこそ必要なお客様への価値提供。

メイプル名古屋

代表取締役 岡部 芳幸

ー本日は、お時間ありがとうございます。それではまずは会社の事業内容や規模感について教えてくださいー

2005年に会社を設立して

EC・通販サイトで全国の鍼灸整骨院さんへ鍼灸用品をお届けしています。

また、鍼灸整骨院さんとコミュニケーションを取りながら
鍼灸・整骨の素晴らしさや価値を全国の皆さんへ配信しています。

 

ありがとうございます。弊社サービスを利用される以前は、どのようなウェブ集客の取り組みをされていましたか?ー

ベタですが、SEOリスティング広告をしていました。

僕の知り合いがちょうど名古屋でもSEOに強い会社の社長をしていまして、
そこにホームページ制作を依頼したので、かなりSEO面を強化して作ってもらいました。

リスティング広告は他社に任せていて、それぞれが効果を発揮してくれていましたね。

 

 

うまく行っていたんですね。なぜそんな中で、弊社のブログサービスにはなぜ始められましたか?ー

 

最初は、興味一切なかったですね。笑

 

でも、WEB制作の会社からSEOはコモディティ化が進んでいるので、

「これからはブログコンテンツでの顧客への価値訴求がSEOやSNSにおいて重要!」
だと言う話を色んな会社から聞くようになりました。


僕もその時にちょうど
「お客様は何を求めているのか?」
「何をすれば喜んでもらえるのか?」

を日々考える中で、
「お客様への有益な情報をブログで発信出来るのではないか?と思ったからですね。

 

経営しているので、会社を伸ばすのが当たり前ですが、

どこか手段を選ばない拝金主義的な取り組みの経営は好きではないので

ブログを代行するという本質的な施策に共感しました!

実際に提案内容を聞いて納得感があったので始めましたね。

 

―そんな岡部さんですが、導入していただく前に、心配や不安はありましたか?ー

そうですね。

どんな記事を書いてくれるんだろう不安はありましたね。

 

でも、

未来電子さんは、それを分かっていて
記事の企画をアナリティクスから策定してくれたり、定期の打ち合わせがあるので「問題ないな!」と商品の説明を受けて感じました。

 

とは言え
まあ、サービスは受けないほとんどわかんないからね。笑

 

ただ、僕は何でも納得したら「とりあえずやってみよう」っていう性格なので、

やってみて何か気に入らなかったら

「ここもうちょっとこうして」とか、
「ああして」とか

お互い擦りあって出来ればいいなってやっていくタイプです。

 

もしそれが出来なかったら、それはもう仕方ないなと割り切っています。

お咎め無しです。時間の無駄ですし。

 

その辺、未来電子さんは一定のルールはありますが、
こちらの希望に合わせた色々な修正を聞いてもらったりしたので、良かったかなと思います。笑

 

 

ありがとうございます。笑 実際、弊社のブログサービスを導入していただいた中で、効果として感じている部分はどんな所になりますか?ー

 

感情的な部分で言えば、結構多くのお客さんから「読んでるよ」と言ってもらえる事が多いです。

それだけでも価値はかなりあるんじゃないかなと感じます。

 

機能的な部分は、記事を書いて投稿&更新もやってくれるところ。
実は、投稿と更新をする業者は少ないですね。

 

実績的な部分で言うと、記事がSEOにヒットしてそこをキッカケにコンバージョンしています。

毎月記事経由で費用以上のコンバージョンが出ていて、作対比すると120%貢献してくれていますね。

 

アトリビューションで見るともっと高いCVRです

 

ま、でも何より
お客さんに価値を提供するっていう僕のコアな考えが体現できて、すごくいいと感じています。

 

ありがとうございます。ちなみに、弊社のウェブマーケティングの岩崎はいかがでしょうか?ー

 

すごくいいと思いますよ。てか、岩崎さんってレス早いですよね?笑

結構ウェブ業者ってみんな注意するんですけど、レスがめちゃくちや遅いですよね。

 

しょうがないのかもしれないですけど、お客さんからしたら、やっぱりね。

ある程度は早くないと、何か緊急性のあったときに連絡つかないのは不安だし。

 

それ以外の事に関しても、
要望をしっかりと聞いてくれて、理解してくれて、動いてくれて僕はすごく助かっています。

後、すごく勉強されているので毎回会うのが楽しみです。

 

―嬉しいです。笑 ブログ(コンテンツ)マーケティングをしていない方、また、これから始めようと検討中の方々に伝えたいことは何かありますか?ー

これは考え方なんですけど、お客さんに有益な情報を与えたい!と思うのであれば始めたらいいと思いますよ。

そうでないならやらなくて良いと思います。
また、自社でできるなら自社でやればいいと思いますね。

 

僕は、WEBマーケティングの本質はブログだけじゃないと思っています。

カバー出来ない部分もあるんですよね、結局。

 

 

ウチの場合は、顧客へのコミュニケーション価値提供が目的だったので、
ブログという手段がピタッとハマったんでよかったんですよ。

 

経営者さんが顧客とコミュニケーション取らないなら必要無しですね。

ブログ、コンテンツマーケティングは絶対やった方がいいっていう訳でもないですから。

 

でも僕はね。

 

すごく満足しているので、提供する価値っていうのが明確であれば、始めてみればいいんじゃないかなと思いますよ。

ただ、通販サイトで同じ策で売るだけってつまらないじゃないですか?笑

 

なので、目的から逆算してピースとしてブログが必要だと思うなら、
未来電子さんと付き合ってみて、その中で色々学ぶのもいいんじゃないかなと思います。

 

こんな感じで良い?笑

 

ありがとうございます。笑 まさにですー

 

ブログ代行サービスはこちらを↓クリック

 

 

―最後に今後の御社のビジョンがあれば教えてください。

 

僕たちは鍼灸院の先生とか整骨院の先生をお客さんとして、プロユーザー向けの商材を扱ってるので、
一般的ではないんですけれども、やっぱり僕が心掛けているのはお客さんをどうすれば喜ばせられるかっていうところだけです。

 

その一つの方法として、ブログで喜んでもらえたり役に立つコンテンツを発信し続けています。

どうすればお客さんに喜んでもらえるのかってところを考えてやっているので、
例えばそういう思いに共感できる先生とかがいればどんどん繋がっていきたいと考えています。

 

あと、士業の方たち。行政書士や司法書士、弁護士や税理士といった方々と組んで開業支援を今後やろうかなって思っているんです。

 

ですので、またよろしくお願いしますね。

  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。