ブログ記事の執筆代行を行うわが社のリライト記事作成のポイント! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.12.12

ブログ記事の執筆代行を行うわが社のリライト記事作成のポイント!

集客やSEO対策にブログを書いている企業の皆さん、一度投稿した記事を放置していませんか?
実は放置することは、SEO対策にとってあまりいいことではありません。
なぜなら、一度投稿したブログでも、表示順位や集客力を見てリライトを行うことで、サイトパフォーマンスを向上させることが出来るかもしれないのに、その可能性を失っているからです。
今回のブログでは、リライトとは何か、リライトをする際のポイント、ブログ記事代行サービスを行うわが社未来電子テクノロジー株式会社での取り組みについて解説します。

 

リライトとは?

リライトとは、ブログ本文やタイトル、画像を再編集して投稿することです。
例えば、以前書いた記事に最新の情報をアップデートしたり、あまり検索されていないブログページのキーワードを変えてみたりすることです。
これを行うことで、SEO対策を行うことができ、上位表示やブログの質が高まることによる集客効果が見込めます。
弊社未来電子テクノロジーでは、クライアントの企業様にブログ記事を納品する前に、編集部がライターの書いた記事をチェックして、基準に満たないものがあればリライトをしてもらうことになっています。
後ほどより詳しく説明します。

 

リライトする際のポイント

基本的にはブログへの訪問者が少ないページ、あまり検索されないキーワードで執筆している記事、検索順位が振るわない記事などがリライトされるべきブログです。
リライトするかどうかの基準を設定するために、あらかじめ「一定の期間内に達成する数値的目標」を定めておくとリライトするかどうかの判断がしやすいと思います。
リライトをすると決めたら、リライトをする原因である要素を改善するようにブログを編集します。
例えば、キーワードが良くないのであればキーワード順位チェックツールで選定し直し、タイトルや見出しを変える、訪問者数が少ないならもう一度読者の悩みや問題意識を分析し直し本文を書き換えるなどです。

 

未来電子の取り組み

弊社未来電子テクノロジーでは、このようなリライトの基準とは少し異なりますが、その基準を定めています。
タイトルは20-32文字以内であること、コピペチェックツールを使用して一致率や類似率が基準以下であること、アナリストチームから降りてくる企画書の内容に沿っているか、対策キーワードをタイトルに含めているかどうかなどです。
これを踏まえたうえで、質の高い記事を納品できるかどうかが私たちライターにかかっています。

 

今回は、リライトについて説明しました。
現在行っているSEO対策をより効果的にするためにも、ぜひ参考にして記事のリライトについてご紹介しました。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。