ライティングする上で使い分けたい、漢字・カタカナ・ひらがなの効果とは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.8.23

ライティングする上で使い分けたい、漢字・カタカナ・ひらがなの効果とは

日本語の表記の仕方には、「漢字」「カタカナ」「ひらがな」の3通りが存在します。
同じ文章であっても、どの方法で書かれているのかよって内容の伝わり方が微妙に変化した経験はありませんか?
この3つの表記は、それぞれ与える「効果」が異なります。
そこで、それぞれのもつ効果を今一度理解してみましょう。
意識して使い分けることで、記事の質はグッと高まるはずです。

□効果
*漢字の効果
漢字は、堅実で真面目な印象を読み手に与える効果があります。
誠実さを与える効果もあるため、「信用できる」文章に見せることができるのです。

*カタカナの効果
外来語を書くときは、必ず使いますよね。
それとは別に、漢字やひらがなで書かれているものをカタカナ表記にすることで、文章に躍動感を与える効果があります。
また、そのほかの効果として、言葉が持つニュアンスを軽くすることが挙げられます。
例えば、借金とローンの意味は同じです。
しかし言葉が与える印象は随分異なりますよね。
このように、同じ意味であってもその印象を大きく変えることができるのです。

*ひらがなの効果
ひらがなは、やはり読みやすいため、親しみやすさを与える効果があります。
読み手ともの距離をグッと縮めたい方にオススメです。

□注意点
ここまでそれぞれの表記の仕方の効果について、ご説明いたしました。
しかし、上記のポイントを抑えたとしても、むやみやたらに使用すれば読みにくい記事になってしまいます。
注意点もしっかり抑えることで、より質のいい記事を目指しましょう。

*漢字の注意点
漢字が多いと、「読みにくい」というデメリットがあります。
書き手が読める漢字であっても、必ずしも読み手が理解できるとは限りません。
そのため、必要最低限に留めて「親しみやすい」文章を目指しましょう。
多くの人が理解できるだろうと思うような漢字は、できるだけひらがなにすることをオススメします。
そうすることで、漢字だけでは与えることができなかった「親しみやすさ」も感じてもらうことができます。
文章を書くときは、ひらがなと漢字が「7:3」の比率が読みやすいといわれていることを意識してみることもオススメします。

*カタカナの注意点
カタカナは、漢字やひらがな表記とはまた違った印象を与えることができます。
しかし、それも頻繁に使ってしまっては効果も半減してしまいます。
そのため、注目を集めたい部分にだけ使用することで、効果を最大限に活かしましょう。

*ひらがなの注意点
ひらがなは誰もが読むことができる反面、多用すると子供っぽい幼稚な文章になってしまう危険性があります。
そのため、誰もが知っている単語は漢字表記にするなど、メリハリをつけて使用しましょう。
また、知っているのにも関わらず漢字を使わないのは、その単語に意味を持たせたいときだけに限定しましょう。
そうすることで、信用できないという印象を与えずにすみます。

□まとめ
今回はライティングする上で使い分けたい、漢字・カタカナ・ひらがなの効果についてご紹介しました。
それぞれの使い分けは難しいですが、意識して使い分けることで、質をグッと高めることができます。
何度も繰り返し行うことで、使い分けに慣れていきましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。