意外と使ってしまっている「間違った日本語」チェックリスト | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.11.11

意外と使ってしまっている「間違った日本語」チェックリスト

「間違った日本語を使っていないか不安」

「よく使ってしまっている間違った日本語ってどんなものがあるの?」

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

よく耳にする言葉であっても、本当の意味とは違う意味で認識されている日本語は、意外と多いです。

今回は、日頃から意外と使ってしまっている「間違った日本語」について紹介します。

失笑

一般的には、何かを小馬鹿にして嘲笑うような意味として認識されていると思います。

ですが、本当の意味は、我慢できずについ笑ってしまうという意味なのです。

印象とはかなり違うのではないでしょうか。

気が置けない

一般的には、油断することができない意味や、落ち着かないといった意味で使われることが多いです。

これの本来の意味は、気を使わなくて良いほど親しい関係であることを指します。

爆笑する

これは、お腹を抱えるほど大笑いしてしまうという意味であると認識している人がほとんどなのではないでしょうか。

ですが、それは間違いであり、正しい意味は大勢の人たちが一斉に笑っている様をさします。

姑息

「姑息な手段」と聞くと、卑怯でずる賢い方法と認識してしまっているのではないでしょうか。

ですが姑息の本当の意味は、一時しのぎであるというものです。

よく使われる卑怯という印象よりは、もっと正統な方法であると言えます。

複雑骨折

複雑骨折と聞くと、骨が粉々になってしまっている状態を想像するのではないでしょうか。

しかし本来の意味は、骨が折れた際に皮膚を突き破ってしまっている状態を指します。

確信犯

悪いと分かりながら犯行を行うことを「確信犯だ!」ということがあります。

しかし、これの本当の意味は、正しいことをしていると思ってしたことが、犯行になってしまったということです。

広く認識されている意味とは、真逆であるのではないでしょうか。

破天荒

これは、暴れん坊で大胆、豪快といった印象の意味で認識されていますが、本来の意味は違います。

本当は、誰もできなかったことを成し遂げる様をさしているのです。

役不足

「自分には役不足でできません!」という言葉は、自分に与えられた役割が重すぎる、実力が足りていないという意味であると考えるのではないでしょうか。

ですが、本当の意味は自分に与えられた役割が簡単なものすぎて勿体無いという意味になります。

真逆であるので、使用するときには注意しましょう。

まとめ

今回は、日頃から意外と使ってしまっている「間違った日本語」について紹介しました。

あなたが実際に、本当の意味を知っているものはいくつありましたか。

本来の意味とは異なって広まってしまっている日本語は、間違った意味で使っていたとしても指摘されずに、気付かないということも多いかと思います。

しかし、本来の意味を知っている人からすると、違和感が生まれてしまいますよね。

そのため、なるべく間違った日本語は使わないように心がけて、会話や記事の執筆を行うようにしましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。