編集者にとって「優秀な」ライターとは?編集者目線で必要なライティング能力 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.10.28

編集者にとって「優秀な」ライターとは?編集者目線で必要なライティング能力

「ライターとしてもっとスキルアップをしたい!」

「優秀なライターになるためにはどうしたら良いの?」

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

ライターとして活躍し、優秀と呼ばれるためには、編集者に認めてもらうことが最初の目的でもあるのではないでしょうか。

今回は、編集者にとって「優秀な」ライターになるための能力ついて紹介します。

編集者とライターの関係性

個人でブログを運営している人にとっては編集者という存在はあまり身近ではないかもしれません。

しかし、企業で記事を執筆する際などには、ほとんどの場合、ライターとは別に編集者という役割があります。

主な仕事としては、記事の内容を決定したり、ライターが執筆した記事を確認したりと、記事を書くことを除いた多くの仕事は編集者の仕事であることが多いです。

このような、記事をライターに執筆してもらうように依頼し、それに従って執筆をするという関係性の場合、ライターは編集者が望んでいるものをアウトプットする必要があります。

そのため「優秀な」ライターというのは、「編集者に認められる」ライターであると言えるかもしれません。

編集者に認められるために必要なこと

実際に、編集者に「優秀な」ライターであると思われるために、どのようなことをしたら良いのでしょうか。

まず、編集者としては望んでいる内容の記事を、希望通りの質か、それ以上のものとして完成させることが最も大切であると考えられます。

そのため、執筆するように頼まれた記事については、自身でしっかりと情報収集をし、完成度の高い記事にできるように心がけることが大切です。

また、完成品として提出した記事に、誤字脱字や誤った情報がないことも大切です。

そのようなミスが生じてしまうと、編集者自身が訂正をする手間や、もう一度ライターに修正依頼をする手間が余計にかかってしまいます。

時間の面で考えると、依頼をしてから短い時間で完成させることも評価されるポイントです。

「優秀な」ライターとして編集者に認められるためには、質が高くミスのない記事をなるべくスピーディーに作成できるようにしましょう。

「優秀な」ライターになるためには

では、「優秀な」ライターになるためには何をしたら良いのでしょうか。

1つは、とにかく経験を積むことです。

ライターとして、いくつも記事を執筆していると、コツや気を付ける点が分かってきて、自分なりの書き方を身に付けることができます。

初めから、「優秀な」ライターである人はほぼいないと言えるので、時間をかけながらより良いライターになれるようにしましょう。

また、生産性を高めようと、なるべく急いで記事を完成させることはあまり良いとは言えません。

記事の執筆スピードは、数を重ねるにしたがってどんどん早くなっていきます。

そのため、最初のうちはなるべくミスのない丁寧な記事を完成させることを心がけると良いでしょう。

まとめ

今回は、編集者にとって「優秀な」ライターになるための能力について紹介しました。

編集者は、どのようなライターを求めているのかはお分かり頂けましたか。

これらのことは、編集者がいないライターにとっても重要なことです。

「優秀な」ライターになるために、実行できそうなことがあれば試してみましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。