現役ライターが教える!速く記事を書くために必要な5つの事 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.12.25

現役ライターが教える!速く記事を書くために必要な5つの事

「ライティングを初めてしばらく経ったけれど、なかなか速く記事を書けない」

「気が付いたら記事を書き終えるまでにたくさんの時間が経っている」

そのようにお悩みの方はいませんか?

たくさん書くことを第一の目標にしている方にとっては、このような現状にはつらいものがありますよね。

効率よく記事が書けないままでは、記事執筆に対するモチベーションも下がる可能性があります。

だからといってただ闇雲に速く記事を書こうとするだけでは記事の質はおろそかになってしまします。

そこで今回の記事では、現役のライターがより速く記事を書くためにできることについて詳しくご紹介します。

タイピング速度を上げる

時間を計ってかこう

記事の執筆が遅い方の中には、純粋にタイピングの速度があまり速くはない方も多いでしょう。

抜きんでてタイピングを速くする必要はありません。

しかし、最低限なめらかにタイピングできる程度のスピード感は必要です。

もしタイピングが苦手だという場合、ネット上のタイピング訓練ツールで練習すると良いでしょう。

ゲーム形式になっているものも多く、楽しくタイピングのスピードを上げられます。

時間を計って記事を書く

記事を書く時、時間を決めずにだらだらと書き出していませんか?

このような方法では、予想外に時間がかかってしまう恐れがあります。

目標の記事執筆時間を決めたら、アラームをセットしたりタイマーを使ったりして時間管理をしながら執筆しましょう。

この方法を繰り返すことで、何分でどれくらいの量が書けるのかを把握できるため、仕事の量をより管理しやすくなります。

記事のテンプレートを作る

記事を書くたびに構成を一から練っていませんか?

確かに構成をきちんと考えることは大切ですが、毎回行っていると時間がかかってしまいます。

自分なりの記事の構成、テンプレートを見つけ、それに当てはめるようにして執筆しましょう。

序論、本論、結論の3つに文章を分けて執筆するのがおすすめです。

一気に記事を書きすぎない

一気に何記事も書いていると、一つの記事を書く時のスピードが気づかないうちに下がっている可能性があります。

一気に書いてしまうのでなく、一つ書いたら何分か休むなど、自分に合ったタイムスケジュールを組んで行うと良いでしょう。

内容をあらかじめ決めておく

始めから細かく情報を集めていると、使わない情報が無駄になってしまいます。

本論で書く内容は、あらかじめ箇条書きにしてトピックだけ書いてしまうと執筆が進めやすいです。

先に見出しを作っておくことで何の情報を集めれば良いのかが明確になるだけではなく、筋道の通った記事になりやすくなるのです。

まとめ

今回の記事では、現役ライターが今よりももっと速く良い記事を書くためのコツについて詳しくお話しました。

基本的なことに注意して執筆を繰り返すだけでも、十分に今より執筆速度が上がる可能性があります。

今回の記事にあることを参考に、ぜひ試してみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。