ブログのタイトル作成に困ったら、この5つのポイントを意識してみよう | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.9.13

ブログのタイトル作成に困ったら、この5つのポイントを意識してみよう

「ブログのタイトルを付けるのに悩んでしまう!」

「効果的なタイトルを付けるコツを知りたい!」

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

ブログのタイトルは、どれだけの人に記事を読んでもらうかを大きく左右するものです。

そのため、効果的なタイトルを付けることはブログを運営することでとても重要なことです。

今回は、ブログのタイトル作成における、5つのポイントについて紹介します。

①タイトルと記事のギャップを無くす

1つ目のポイントは、タイトルと記事の内容のギャップを無くすということです。

例えば、タイトルに「初心者向け」というキーワードを用いているのに、記事に専門用語ばかりを使ってしまっていては、記事を最後まで読んでもらえる可能性が低くなります。

インパクトのあるタイトルで記事のクリックを誘導することも必要ですが、内容と違う場合には、ブログ自体の信用も失ってしまうこともあるので注意しましょう。

②インパクトのあるタイトルを付ける

多くのブログ記事の中から読んでもらうためには、インパクトも大切です。

どのような内容なのか気になってしまうような、引きのあるタイトルをつけてみましょう。

しかし、先ほども紹介しましたが、過度の表現はなるべく控えるべきです。

「必ず」や「絶対」のような、絶対性を表すような表現はなるべく控えた方が良いと言えるでしょう。

③重要な情報を絞る

個性的でインパクトのあるタイトルをつけようとして、タイトルが長くなってしまったという経験はありませんか。

どれだけインパクトのあるタイトルであっても、文字数が多すぎると読み手は読む気を無くしてしまいます。

そのためにも、重要な情報だけをタイトルに使用し、なるべく簡潔にすると良いでしょう。

タイトルの文字数の目安は30文字前後を上限だと考えて、付けると良いとされています。

しかし、コンテンツの目的によっては一部例外もあるので、柔軟に変更するようにしましょう。

④読み手側の表現を入れる

読み手の興味を引くためには感情的な表現を入れることも重要です。

例えば、タイトルに「初心者向け」というキーワードよりも「初心者でも分かった!」のような、読んだ感想としての表現を入れることで、より興味を惹くことができます。

注意点としては、どうしても文字数が増えてしまうので、他に入れたい情報とうまく調整をする必要があると言えるでしょう。

⑤トレンドのキーワードを入れる

SEOの観点において、トレンドのキーワードを入れることは、アクセス数を増やす上で重要です。

なんとなくブログのタイトルを決めているという方は、まずGoogleトレンドで、どのようなキーワードが検索されているのかを調べてみましょう。

また、トレンドのキーワードは競合をする他の記事も多いため、タイトルでオリジナリティを出すことがより大切になってきます。

ここまでの5つのコツを実践して、他のブログとの差を作れるようにしましょう。

まとめ

今回は、ブログのタイトル作成における、5つのポイントについて紹介しました。

どのようにタイトルを作成したら良いのかは、お分かりいただけましたか。

この方法は、すぐにでも実践することができます。タイトル作成に時間がかかってしまっている方、ブログのアクセス数が伸び悩んでいるという方は、是非実践してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。