記事のタイトルはどう考える?ターゲットから導くタイトル作成術 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.9.6

記事のタイトルはどう考える?ターゲットから導くタイトル作成術

「ブログ記事のタイトルってどうやって考えたらいいの?」

「アクセス数を稼げるタイトルの付け方を知りたい!」

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

ブログにとってタイトルとは、記事を読んでもらうかどうかの大きな判断材料になるので、とても重要なものです。

ではどうやってタイトルを決めるのかと言うと、ターゲットを絞ってそれに合ったものを作るといったことが挙げられます。

今回は、記事のタイトルをターゲットから導いて作成する方法を紹介します。

まずはターゲットを絞る

アクセス数の多いブログは、どんな人にでも見てもらえるようなブログだと考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

もちろん、その考え方は間違いであるとは言い切れませんが、そのような記事を書くことはとても難易度が高いです。

同じような他のブログの記事との競合も激しくなってしまうという事も1つの要因として挙げられます。

そこで、ターゲットを絞った構成や内容にすることでそのターゲットを中心としてアクセス数を得ることができます。

誰にでも受け入れられるような、一般的な記事にするのではなく、特定のターゲットを絞って記事を作ることが、実は多くのアクセス数を得るための近道なのです。

ターゲットごとに最適なタイトルを考える

ブログを読んでもらいたいターゲットを決定した後は、そのターゲットにはどのようなタイトルだと読んでもらえるかを考えて作成します。

例えば、エンジニアの方をターゲットとした場合には、タイトルの頭に「エンジニアの方必見!」を付ける、何かの初心者の方をターゲットとして場合には、「〜入門編」とするなどの工夫が考えられます。

このように、ターゲットを絞ってタイトルを考えることで、方向性が定まり、タイトルも決定しやすくなっているような気がしませんか。

また、このようなタイトルを付けたせいで、ターゲット以外には興味を示してもらえないということはなく、ターゲット自体に興味を持っている方にも読んでもらえる可能性が高くなってきます。

記事の内容にも注意

ターゲットからタイトルを付けたら、後はいつも通り記事を書けば良いと言う訳ではありません。

記事の内容についても、タイトルで決定したターゲットにとって読みやすいものでなくてはいけません。

「〜入門編」とタイトルを付けた記事の内容が、専門用語ばかり使っていては、タイトルに惹かれて記事を読もうとした初心者の方はすぐに読むのを辞めてしまうでしょう。

そのため、ターゲットを決定した後は、タイトル作成だけでなく、本文作成も常にターゲットを意識して書き進めるように心がけると良いでしょう。

まとめ

今回は、記事のタイトルをターゲットから導いて作成する方法を紹介しました。

効果的なタイトルの作成方法はお分り頂けましたか。

この方法は、すぐにでも実践することができます。

もっとブログのアクセス数を上げたいと言う方は、試してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。