ブログの最適な更新頻度は?検索エンジンに評価されるには | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2020.1.1

ブログの最適な更新頻度は?検索エンジンに評価されるには

「ブログを毎日更新しているが、かなり大変。毎日更新する必要があるの?」
「ブログのちょうどいい更新頻度ってどのくらいなの?」
ブログの更新頻度について、お悩みの方はいらっしゃいませんか?
毎日欠かさず更新する人から、もう何ヶ月も更新していないという人まで、ブログの更新頻度は様々だと思います。
しかし、ブログを定期的に更新するのは思っているよりも大変な作業。
特に、会社のブログ運営の場合は集客を目的にするため、ユーザーを惹きつける記事を書かなければなりません。
それならば、最適なブログの更新頻度を知って、効果的に集客できるブログを運用したいですよね。
今回は、検索エンジンで評価されるブログの特徴を紹介し、そこからブログの最適な更新頻度を考察します。

□検索エンジンで評価されるブログとは?

*検索エンジンでは更新頻度を評価しない

日本で大きなシェアを持つ検索エンジンはGoogleとYahooです。
YahooではGoogleの検索エンジンシステムを借りているので、日本で使われている検索エンジンはほとんどGoogleのものと言えるでしょう。
Googleでは、サイトの更新頻度は評価に関係ない、と明言しています。
Googleの発言を要約すると、「サイトの評価を上げるために1日に投稿すべき記事数はない。それよりもコンテンツの質が重要である」という内容です。
では、ブログの更新頻度は、アクセス数や検索順位に影響を与えないのでしょうか。

*ユーザーはより新しい情報を欲する

Googleでは、更新頻度とサイトの評価は関係ないと明言されています。
しかし、ユーザーは更新頻度が保たれているサイトを好みます。
なぜなら、人はより新しい情報を求める傾向があるからです。
話題のご飯屋さんの情報をネットで知り、営業時間を調べてからお店に行ってみたら休業中だった、なんて経験はありませんか。
なぜ休業していたのかというと、ネットで調べたお店の営業時間が古いサイトのものだったからです。
お店のサイト情報が更新されていなかったり、ネットの情報が古かったりして、間違った情報を知ってしまうことって、たまにありますよね。
このように、新しい情報の方が正確である可能性が高く、役に立つ情報なので人はより新しい情報を求めます。
同じ話題の情報について書いているサイトが2つあったら、更新日の日付が新しい方を読みたいですよね。
つまり、更新頻度が保たれ、新しい情報を提供し続けてくれるブログはユーザーに好まれる傾向があります。

*Googleはユーザーの利便性を最重要視する

Googleで評価を得る方法として一番重要なものは、ユーザーにとって利便性の高いサイト作りをすることです。
つまり、更新頻度が直接的に評価されなくても、更新頻度を保つことでユーザーに評価されるサイトになれば、結果的にGoogleからの評価がもらえるのです。
ここから、更新頻度を保つことはアクセス数を増やす、検索順位を上げるうえで重要であることがわかります。

□理想の更新頻度はどれくらい?

*質と更新頻度を両立できる周期

更新頻度で最も重要なことは、記事の質を落とさないこと。
毎日のように更新しても、情報に需要や有用性がなかったり、読みづらいブログだったりするとユーザーはすぐにサイトから出て行ってしまい、再訪してくれることはないでしょう。
定期的に新しい情報を提供できて、なおかつ記事の質をキープできる更新頻度がベストです。
つまり、最適なブログの更新頻度はあなたの執筆能力によって変化します。
質の高い記事をすぐに書ければ、頻繁に更新できますし、質の高い記事を書くのに時間がかかる場合は、じっくり時間をかけるべきです。
今まで書いた記事を見直してみて、自分に最適な更新頻度を見つけてみてください。

*具体的には何日くらい?

自分に合わせた更新頻度といっても、検索順位を維持できる最低ラインがあります。
最低ラインとしては、月1回の更新が妥当です。
しかし、これはブログに十分なコンテンツが存在する場合。
ブログに全然記事がないのに月1回だけの更新では、ユーザーが集まるサイト作りは難しいです。
おすすめの更新頻度は、週2,3回です。
その頻度で質の高い記事を更新するのが理想です。
それが難しいという方は、週1回でも問題ありません。

□まとめ


今回は、更新頻度を保つことが評価される理由と、おすすめの更新頻度をご紹介しました。
ブログの質をキープしながら、更新頻度を維持するのが肝心であることを理解していただけたでしょうか?
この記事を参考に、ブログの更新頻度を見直してみてはいかがでしょうか?
Reach@は全国トップクラスの記事制作・作成更新代行サービスです。
クライアント様に提供される記事はすべて「Google Analytics認定資格取得者」が作成したオリジナルのものです。
当社では、どうしたら検索順位が上がるか、読んでもらえる記事とは何か、という分析・マーケティングを行って記事を作成しています。
ブログの定期更新が間に合わない方は、当社のサービスをご利用いただければ、質の高い記事を定期的に投稿することが可能です。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。