【ブログのキーワード選定】成果を上げる4ステップとは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2020.3.1

【ブログのキーワード選定】成果を上げる4ステップとは

「ブログではキーワードが重要らしいけど、どうやって選定すればいいのかわからない!」
「どうやったら検索結果で上位表示されるキーワード選定ができるの?」
ブログのキーワード選定のやり方がわからない、SEO対策に効果的なキーワード選定の方法を知りたい、とお考えの方はいらっしゃいませんか?
ブログを書く際に、最も重要になるのがキーワード選定です。
効果的なキーワードを選定することは、記事のSEO対策にて最重要である作業でしょう。
今回は、ブログのキーワード選定のやり方と、キーワード選定のコツをご紹介します。

□なぜブログではキーワード選定が重要なのか?

*検索結果での上位表示につながるから

キーワードを記事内に含ませることで、検索結果での上位表示を目指すことができます。
Googleのような検索エンジンでは、システムが記事を読み込み、検索結果に反映しています。
例えば、「フランス 観光 おすすめ」というキーワードを使ったブログは、Googleに「フランスのおすすめ観光スポットを紹介している」と判断してもらえて、キーワードでの検索結果が上位表示されやすくなります。
いくら質の良い記事を書いても、検索の際に上位に表示されなければ見てもらうことができず、集客は期待できませんよね。
正しいキーワードを選定することが、検索結果での上位表示につながり、ブログの集客につながるのです。

□キーワード選定のやり方4ステップ

*検索上位を目指すキーワードを決める

あなたがブログで集客・利益化を目指している場合、ブログで発信する情報とユーザーの検索意図が合致している必要があります。
なぜなら、検索意図と異なった内容を紹介しているブログは読まれないからです。
これらのことから、キーワードはあなたが売り出したいサービスに関連したものでなければいけません。
例を挙げてみましょう。
あなたが「センター試験対策の教材」を売り出しているとします。
ブログ記事で設定するキーワードは「大学受験 教材」「センター試験 教材」のどちらがよいでしょうか?
この場合は、「センター試験 教材」にターゲットを絞った方が購入率が上がると予想できます。
なぜなら、「大学受験 教材」で検索する人は、センター試験ではなく2次試験の対策をしたい人かもしれないからです。
このように、明確にターゲットを決定してキーワードを選定することが重要です。

*関連キーワードを調査する

大まかなキーワードを決定したら、それに関連したキーワードを検索します。
「センター試験 教材」でしたら、「センター試験 教材 リスニング」「センター試験 教材 過去問」といった関連キーワードが出てきます。
これらの関連キーワードは「センター試験 教材」と検索する際に一緒に検索されることの多いワードで、より具体的にユーザーのニーズを表しています。
この関連ワードは、Googleの「キーワードプランナー」というツールで検索できます。

*キーワードごとに想定ユーザーと記事内容を考える

次にキーワードごとに、記事を読むであろうユーザーを想定し、記事の内容を考えます。
例えば「センター試験 教材 リスニング」というキーワードなら、読者は「センター試験のリスニングを対策できる教材を探している人」と想定できます。
それをもとにして「センター試験のリスニング対策教材をいくつか比較してオススメする」という記事を考え出せます。
こうして、キーワード選定を終了し、記事内容まで考えることができました。

□キーワード選定のコツ

*競争率の低いキーワードも狙ってみる

キーワードは、語数によってビッグキーワード、ミドルキーワード、ロングテールキーワードの3種類に分けられます。
ビッグキーワードは「センター試験」といった1語のキーワードです。
ミドルキーワードは2,3語のキーワード。「センター試験 対策教材」が例です。
ロングテールキーワードは3語以上のキーワードで、「センター試験 対策教材 リスニング」が例として挙げられます。
ビッグキーワードになるほど検索数は多くなりますが、検索結果上位になることが難しく競合が増えるので、コンバージョンは低いです。
一方、ロングテールキーワードになるほど検索数は少なくなりますが、コンバージョンが高くなります。
コンバージョンを上げるために、ロングテールキーワードで記事を作るのも1つの手です。

*競合が進出していない関連キーワードを探す

調査した関連キーワードを検索してみると、検索結果にあまり関係のないサイトばかりが出てくることがあります。
その場合、あなたと同じようなサービスを提供する競合が進出していないキーワードということになるので、コンバージョンが上がる確率が高いです。
そういったキーワードを探して記事を作成するのも集客率を上げる方法の1つです。

□まとめ

今回は、ブログ記事のキーワード選定について、「選定のやり方」と「選定のコツ」に分けてご紹介しました。
キーワードをどういった手順で選べばよいか、選定の際のコツを理解していただけたでしょうか。
この記事で紹介した内容は、どれも今から実践できる方法です。
この記事を参考に、ブログ記事のキーワード選定を行ってみてはいかがでしょうか。
Reach@は全国トップクラスの記事制作・作成更新代行サービスです。
クライアント様に提供される記事はすべて「Google Analytics認定資格取得者」が作成したオリジナルのものです。
当社では、どうしたら検索順位が上がるか、読んでもらえる記事とは何か、という分析・マーケティングに基づいて、記事を作成しています。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。