ブログ更新代行の実態|メリットとデメリットを解説! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.12.1

ブログ更新代行の実態|メリットとデメリットを解説!

「会社のブログ更新を外注したいが、代行サービスってどんなメリットがあるのだろうか」
「ブログの更新を知らない人に代行してもらうなんて、なんだか心配…」
ブログの更新代行を利用してみたいけど、サービス内容や実態がわからずに悩んでいる、なんて方はいませんか?
最近はブログを利用した集客、コンテンツマーケティングに取り組む企業が増えています。
そこで利用者が増えているのが、ブログの更新代行サービスです。
今回は、サービスを利用してみたいけど迷っているという方に、ブログ更新代行のメリットとデメリットについてご紹介します。

□ブログ更新代行のメリット

*会社の負担を軽減できる

社内の人員でブログ更新をしている場合、担当者に大きな負担がかかる場合があります。
ブログで記事を書く、と言うと簡単に聞こえるかもしれません。
ですが実際は、読んでもらえる記事案を考え、文章を書くために調べ物をし、読みやすい文章を書き、誤字脱字の校正をする、という大変労力のいる作業なのです。
それに加え、ブログは定期的に更新するものなので、この作業を繰り返して行わなければなりません。
他の業務に影響が出る可能性もあり得ます。
そこで、ブログ更新代行サービスに記事作成・更新を請け負ってもらえたら、会社への負担を軽減できるでしょう。

*よりよい質の記事ができる

ブログ更新代行では、質の高い記事を書けるライターに記事作成の代行を依頼できます。
社内の担当者がブログを更新している場合、その方が記事を書くプロであることは少ないですよね。
そうなると、記事の質は通常と比べて落ちてしまいます。
せっかく記事を書いても、あまり読まれることがなければ、もったいないです。
能力のあるライターに記事を委託すれば、読みやすい、質の高い記事をブログに掲載することが可能です。
また、ブログ更新代行サービスでは、記事の企画・分析・校正まで請け負ってくれる業者もありますので、お客さんが本当に必要としている記事を提供できます。
ブログと記事の質向上で、集客アップを期待できます。

□ブログ更新代行のデメリット

*サービス料金が発生する

ブログ更新代行サービスに記事を依頼する場合は、もちろん料金が発生します。
ブログ更新代行サービスを行っている企業を比較すると、1文字あたり0.8円~1円で記事を提供している企業が多いようです。
これは、2日に1回1000文字のブログを更新する場合、月額15000円ほど、年額で18万円ほどの料金です。
決して安くはありませんが、社内でブログを更新する場合も、その時間に人件費が発生していることも考慮すれば、必ずしもデメリットになるわけではないでしょう。

*会社の意向に沿わない記事になる可能性

外部のサービスに依頼することは、もともと自社のことを知らない方に記事を書いてもらうことです。
記事を執筆してもらった後に、会社のコンセプトと異なる内容だった、商品に関して間違った情報が表記してある、ということが起こり得ます。
社内の担当者が記事を作成する場合には発生しない懸念ですので、この点は注意しなければなりません。
事前にブログ更新代行サービスとの、記事内容のすりあわせをしっかりと行うことが大事です。

□結局ブログ更新代行サービスっておすすめなの?

ここまで、サービスのメリットとデメリットをご紹介しましたが、結論から言うとブログ更新代行サービスはおすすめです。
なぜかというと、ブログ更新では「更新頻度」と「質」の両立が重要になるから。
Googleは、記事の「更新頻度」はサイトの評価には関係しておらず、「質」こそが最も重要なものである、と発表しています。
しかし、ユーザーが求めているのは、常に新しい情報です。
半年前の情報が載ったブログと、先週更新されているブログ、同じ話題について書かれていたら、より新しい情報が掲載されているブログを見ますよね。
ユーザーは「更新頻度」が高いサイトを訪問します。
Googleはユーザーの利便性を最重要視するので、「更新頻度」が高いサイトの評価が上がります。
そして、結果的に更新頻度の高いページの集客数が多くなるのです。
しかし、やはり「質」が高くなければ、更新頻度が高くてもユーザーに見てもらうことができません。
そこで、「更新頻度」と「質」を両立した記事の作成が重要になってくるのです。
しかし、他の業務をしながら、更新頻度を守りつつ質も保ち続けるのは困難。
この「更新頻度」と「質」を両立した記事の作成を実現できるのが、ブログ更新代行サービスです。
それが、ブログ更新代行サービスをおすすめする理由です。

□まとめ

今回は、ブログ更新代行サービスのメリットとデメリットをご紹介しました。
サービスを利用することのメリットと、気をつけなければいけないことを理解していただけたでしょうか。
この記事を参考に、ブログ更新サービスのご利用を検討してみてはいかがでしょうか。
Reach@は全国トップクラスの記事制作・作成更新代行サービスです。
クライアント様に提供される記事はすべて「Google Analytics認定資格取得者」が作成したオリジナルのものです。
当社では、どうしたら検索順位が上がるか、読んでもらえる記事とは何か、という分析・マーケティングを行って記事を作成しています。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。