【ブログ記事の構成】今日から実践できる基本ルール6つ | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2020.2.1

【ブログ記事の構成】今日から実践できる基本ルール6つ

「ブログを書き始めたはいいけど、どう書き始めたらいいのかわからない」
「思いつくままに記事を書いているけれど、正しい構成方法があれば知りたい」
ブログを執筆している方で、記事の構成方法がわからずに悩んでいる方はいらっしゃいませんか。
ブログを書くうえで、記事の構成は文章の骨格と言える大切なポイントです。
構成を考えずに、とりあえず記事を書き始めている方はいらっしゃいませんか。
わかりやすく筋道の通った記事を書くために、構成作成を欠かすことのないようにしましょう。
今回は、今日から実践できるブログ記事構成の基本ルールをわかりやすくご紹介します。

□ブログ記事、文章構成の基本!

ブログの記事は、基本的に「導入」「本文」「まとめ」で構成されます。
これは、どのブログでも大体採用されている文章構成です。
それでは、項目を1つずつ解説します。

*読者に問題提起する「導入」

導入は、記事の最初の項目です。
この記事では何を解説するのか、この記事を読んだらどのような情報収集ができるのかを読者に知ってもらう重要な部分です。
導入では、下記の3点を盛り込むことで、記事をより魅力的でわかりやすいものにできます。
・「読者の共感を喚起する」
読者の悩みを推測し、その悩みに共感する文章やカッコ付きのせりふを投入する。
・「読者の興味を引き出す」
読者の悩みであろう問題について言及し、記事を読んで問題解決することを提案する。
・「記事の概要を説明する」
記事の概要を事前に説明することで、読者の頭の中を整理する。
これらは、本記事でも使われている手法です。

*記事の主要部分になる「本文」

本文は、記事の主要部分です。
読者の悩みを解決する提案、具体的な解決方法、詳しい説明などが盛り込まれます。

*記事の内容を総括する「まとめ」


まとめは、記事の内容を要約する部分です。
最後に伝えたいことをまとめることで、読者の頭をもう一度整理し、記憶に残りやすくなります。

□ブログ記事の内容構成を考える!

前項では記事の文章構成をお伝えしました。
続いては、記事の内容構成についてご紹介します。

記事の内容構成では、基本の3ステップ「1.キーワードを決める」「2.見出しを決める」「3.文章を書き始める」が大切です。

*キーワードを決める

キーワードとは、ユーザーが検索エンジンを使う際に検索窓に入力する語句のことです。
例えば「大阪 観光 おすすめ」と入力する人は、「大阪でおすすめの観光スポットを知りたい」と思っていることが予想できます。
このキーワードを設定することで、記事のテーマと読者に伝えたい内容の方向が決まります。
キーワードを決めることが、ブログ記事構成のスタート地点になるのです。

*見出しを決める

キーワードを決めたら、読者に伝えたい内容が思い浮かんでくると思います。
そうしたら、項目ごとに文章の内容を伝える見出しを決めます。
見出しは、その項目で何を説明するのか、どのような内容なのかをわかりやすく伝える役割を持ちます。
見出しを考える際は、簡潔に項目の内容を伝えられるようにしましょう。

*文章を書き始める

見出し構成まで決まれば、書きたい内容が項目で分けられているので、記事のイメージができていると思います。
そこまでくれば、後は文章を書き始めるだけです。
見出しで記事の大筋が決まっているので、スラスラと文章が出てくることでしょう。
もしも、書きたい文章が出てこない場合は2つの対策方法があります。
1つは、「具体例を提示する」ことです。
主張したいことを書き、その理由も書いたけど、これ以上文章が出てこない、というときにおすすめです。
具体例を提示することで主張の説得力が増しますし、よりわかりやすくなります。
自分の経験談を具体例にすることで、文章も書きやすくなるでしょう。
2つめは、「読者の気持ちになってみる」ことです。
ブログ記事で最も重要なことは、読者が必要とする情報を提供することです。
文章が思いつかないときは、自分が読者だったらどんな情報が欲しいだろうか、と考えてみましょう。
こういうデータがあったらわかりやすいかもしれない、ここの部分の説明をもっと詳しくした方がいいだろう、と新たな視点で記事の執筆ができるはずです。

□まとめ

今回は、ブログ記事構成の基本を「文章構成」と「内容構成」に分けてご紹介しました。
ブログ記事の基本的な構造と、記事内容の構成方法を理解していただけたでしょうか。
本記事で紹介した内容は、どれも今から実践できる方法です。
この記事を参考に、ブログ記事の構成を考えてみてはいかがでしょうか。
Reach@は全国トップクラスの記事制作・作成更新代行サービスです。
クライアント様に提供される記事はすべて「Google Analytics認定資格取得者」が作成したオリジナルのものです。
当社では、どうしたら検索順位が上がるか、読んでもらえる記事とは何か、という分析・マーケティングに基づいて、記事を作成しています。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。