ブログの検索順位を上げるには?サイト改善する4つの方法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.10.1

ブログの検索順位を上げるには?サイト改善する4つの方法

「検索順位を上げるために頻繁にブログを書いているけど、なかなか結果につながらない」
「SEO対策で検索順位を上げられると聞いたけど、具体的にどうしたらいいの?」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
検索順位での上位表示には、この方法を実践すればいいというものはありません。
多方向からアプローチを仕掛けて、サイトの改善をする必要があります。今回は、検索順位の仕組みと、ブログの順位を上げる4つのポイントをお伝えします。

□検索順位の仕組みってどうなっているの?

*そもそも検索順位って?


検索順位とは、GoogleやYahooなどの検索エンジンでワードを検索した際に表示されるサイトの順番のことです。
検索順位が高いほど、サイトをクリックしてもらえる確率が高まるので、検索順位を上げることは集客率の改善につながります。
また、検索ページの1ページ目と2ページ目では、クリック率にとても大きな差があります。
検索順位で上位をとることは、ブログの集客数を高める上でとても重要であることがわかりますね。

*検索順位はGoogleの評価に基づく


検索順位は、Googleの評価によって変動します。
Googleでは、アルゴリズムという200を超える計算式を用いてサイトに評価を与えています。
なお、Yahooの検索エンジンはGoogleのものを使っているので、評価方法は同じです。
このアルゴリズムによってどのように順位が決められているか、詳細は明らかにされていません。
しかし、Googleからの評価を上げるSEO対策のポイントがいくつかあります。
次の項目では、それらを含めた検索順位向上のポイントをお伝えします。

□ブログの検索順位を上げるには?

*ページごとにキーワードを選定する


まず、ブログのトップページであれ、記事ページであれ、ページを作成する際にはすべてにキーワードを選定しましょう。
キーワードは、ユーザーが求める情報を単語化して端的に表したものです。
キーワードを選定し、それに合致した内容のページを作成することで、ユーザーの求める情報を提供するページ作りができます。
Googleのような検索エンジンではシステムが記事を読み込み、検索結果に反映しています。
ですので、キーワードを選定してから記事を作成することでブログの検索順位を上げることにつながります。
ここで注意する点は、ブログ内で同じキーワードを基にした記事を2つ以上作成しないこと。
同じキーワードの記事が存在すると、それぞれが競合しブログ内で評価を取り合うことになってしまうからです。

*タイトル・見出し・本文にキーワードを使う


Googleでは、サイトを読み込んでサイトを評価しているので、キーワードを適度に盛り込むことでブログの内容を伝えられます。
特に、タイトルと見出しはコンテンツを端的に伝えるものですのでキーワードを埋め込むことは重要です。
キーワードを使いつつ、簡潔にコンテンツを伝えられるタイトルと見出しを作成するように心がけてみましょう。

*内部リンクを作成する


内部リンクとは、サイト内の別ページに移動できるリンクのことです。
例を挙げると、「神戸 グルメ おすすめ」の記事を書いたとき、関連する「神戸 ディナー おすすめ」の記事を内部リンクとして張ったりします。
内部リンクを張ることで、Googleにブログ内のページを読み込んでもらえます。
つまり、内部リンクはサイト内のコンテンツを評価してもらいやすいようにする対策です。
上位表示が難しいキーワードの記事の検索順位を上げる対策にもなります。
競合が多く検索順位上位が難しい記事でも、関連記事に内部リンクを張ることで、サイト自体の構成を強固にし、Googleの評価を上げられます。
このように、内部リンク対策では、サイト内構造を最適化することで検索順位を上げることにつなげます。

*外部リンクを増やす


外部リンクは、自サイトに誘導するリンクを他サイトで張ってもらうこと。
外部リンクが増えることで、評価されているサイトであるとGoogleが判断し、検索順位の向上につながります。
この場合、リンクを張るのは自分ではないので、外部リンクの数は他人からの評価に依存します。
外部リンクを張ってもらえるブログを作るためには、人々の興味を集める、リンクを張ってもらえるようなコンテンツ作りが必要です。
そのような質の高いコンテンツを作成するには、ブックマークが多く集まっているサイトや同じキーワードで上位表示されているサイトを検索し、研究するのがおすすめです。
それらのサイトは外部リンクを張ってもらえるような良質なものなので、ブログ作りの参考にしてみてください。

□まとめ


今回は、検索順位の仕組みとブログの順位を上げるポイントをお伝えしました。
キーワード、内部リンク、外部リンク、質の高いコンテンツが重要であることを理解していただけたでしょうか。
この記事を参考に、ブログ・サイト構成の見直しを行ってみてはいかがでしょうか。
Reach@は全国トップクラスの記事制作・作成更新代行サービスです。
クライアント様に提供される記事はすべて「Google Analytics認定資格取得者」が作成したオリジナルのものです。
当社では、読んでもらえる記事とは何かの分析・マーケティングに基づいて、記事を作成しています。
興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。