そのブログ更新は大丈夫?Googleからのペナルティとは? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.10.9

そのブログ更新は大丈夫?Googleからのペナルティとは?

Googleからのペナルティの存在を知っていますか?
普通にブログ運営していればまずは大丈夫なのですが、いきすぎたSEO対策をしてしまっているようなブログは罰則を受けてしまいます。

SEO対策に精を出していて、「もしかして」と少しでも感じた人はぜひ一読しておきましょう。

ペナルティの原因

ペナルティの原因は、Googleが定めている「品質に関するガイドライン」のルールを破るようなSEO対策を行なっているためです。

「品質に関するガイドライン」とは
1. 検索エンジンではなく、ユーザーの利便性を最優先
2. ユーザーを騙さない
3. 検索エンジンの掲載位置を上げるための不正行為をしない
4. 他サイトとの差別化をはかり、独自的で魅力的なサイトを作る
といったもので、簡単に言えばこれらに反したサイトはペナルティを受けます。

ペナルティを受けるブログの具体例

隠しテキスト…白い背景に白い文字など
SEO対策でキーワードを詰め込みたいけれども、これ以上詰め込んだらユーザーにとってわかりにくいサイトになってしまう場合などに、検索エンジンにだけは認識してもらうようなやり方です。

他サイトの重複コンテンツ…コピペの内容でURLが違っているなど
Googleはユーザーファーストでサイトに付加価値を求めているので、複製しただけでオリジナリティが内容なサイトはペナルティ対象になります。
また、コピペは著作権侵害の恐れもあるので、十分注意が必要です。

ページランク目的のリンク集め…自分のサイトに大量のリンクを貼るなど
検索エンジンの評価軸として、リンクが多い方がSEO的に有利であるので、所構わず他所のサイトのリンクを自身のブログに貼るようなことです。

どのようなペナルティを受けるか

ペナルティには2種類あって、「手動ペナルティ」と「自動ペナルティ」があります。

手動ペナルティ
Googleスタッフが確認して与えるペナルティで、再審査を依頼しないと解除してもらえません。

自動ペナルティ
検索エンジンの基準によって自動で課されるペナルティです。

それぞれのペナルティで検索順位が大幅に降下したり、検索結果そのものに表示されなくなってしまいます。

重度のペナルティであった場合、それ以降どんなにSEO対策も無意味になってしまうので気をつけてください。

まとめ

ブログを運営する上で検索結果の上位に自身のブログを表示させることは非常に重要です。
しかし、そのブログがGoogleからのペナルティを受けてしまったらすべて水の泡です。
ブログを更新する際は、Googleのガイドラインに則った記事かどうか確認を忘れずにしましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。