どうしても同じ内容が重複するときはcanonicalタグを活用してペナルティを防ごう | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.12.27

どうしても同じ内容が重複するときはcanonicalタグを活用してペナルティを防ごう

「今まで使っていなかったけど、canonicalタグの使い方について知りたいな・・・」

「コンテンツ内容が重複するときって、どうすればいいのだろう・・・」

ブログや自社サイトのコンテンツを多く作っていると、コンテンツ内容が重複してしまうときって時折ありますよね。

実は、内容が重複したまま放置していると、サイト集客への悪影響やGoogleからペナルティを受ける可能性があることをご存知でしたか。

そこで今回は、同じ内容が重複するときに活用したいcanonicalタグについてご紹介します。

SEO効果において非常に重要なcanonicalタグ

canonicalタグの基本

canonicalタグは、SEO効果において非常に重要な役割を担っています。

canonicalタグを使用すると、GoogleやYahoo!などの大手検索エンジンがサポートしているURLを正規化できます。

正規化とは、検索エンジンが通知に従って、1つの検索結果を集約し使いやすくすることです。

canonical指定をしたURLが正規のページとしてインデックスするようGoogleなどの検索エンジンに伝えられます。

内容が類似したページや重複したページのURLが複数存在する場合に、検索エンジンからの評価が分散されないように、正規のURLがどれかを示します。

URLの正規化をしていないと、良質なコンテンツを作成した場合でも、複数の異なるURLから同一のページを閲覧できる状態になる場合があり、重複した内容のコンテンツと見なされ、マイナスの評価を受ける可能性もあります。

canonical属性は、<head>タグ内に、<link rel=”canonical” href=”正規ページURL”>として記述します。

<body>タグ内に記述しても効果がないので、必ず<head>タグ内に書くようにしましょう。

canonicalタグの必要性

内容が重複した場合において、canonicalタグを使用していないと、ブログやサイトに悪影響が発生してしまいます。

検索エンジンは、検索キーワードからユーザーの意図をくみ取り、その意図に相応しいページを表示します。

この状況において、検索キーワードに相応しいページに類似するページや重複した内容のページが複数存在すると、どのページを表示するべきか悩んでしまいます。

万が一、内容が重複したまま放置しておくと、意図しないURLが検索結果に表示されたり、ページに対する評価が分散されたり、様々なデメリットが存在します。

また、Googleからペナルティを受ける可能性もあり、記事だけにペナルティを受ける場合もありますが、サイト全体に及んでしまうと集客に大きな影響が出るので、ペナルティは防ぎたいですよね。

まとめ

今回は、同じ内容が重複するときに活用したいcanonicalタグについてご紹介しました。

canonicalタグはGoogleからペナルティを防ぐだけでなく、ユーザーの検索キーワードに相応しいページを表示するためのものでもあるので、しっかり使いこなしていきましょう。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。