あなたはホームページ集客について、こんな間違いをしていませんか? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.9.24

あなたはホームページ集客について、こんな間違いをしていませんか?

あなたはホームページ集客について、こんな間違いをしていませんか?

・ホームページはホームページ制作業者に任せておけば安心だ
・サイトのSEOを上げるにはSEO業者に頼むのがいい
・継続的に記事を更新して、良い商品やサービスを提供していれば自然にお客さんは増える

…残念ですが、実は現実はそう甘くはありません。

もしも、あなたが上に示した間違いを一つでもお持ちなら、それはとても危険な状態です。

 

自社を知らない人に、知ってもらう事から

まず、ホームページ制作業者は確かに美しいホームページを作るプロフェッショナルです。

しかし、ホームページはデザインだけでは「集客力」を持ちません。

どれだけかっこいいホームページを作ったとしても、それは単なる名刺です。その名刺を配る方が大切ですし、誰に向けて見てもらうかが大切です。

ましてや、閲覧者に資料請求や問い合わせ、商品の購入などの「行動」を促す力は持ちません。

これらの、いわば「影響力」を御社のホームページに持たせるためには、確かなウェブマーケティングの専門家による記事を継続的に更新していく必要があります。

記事を更新することで、あなたのことを知らない人に知ってもらうための案内看板を立てていかなければいけません。

 

SEOは本当に価値のあるサイトを評価するようになっている

次にSEOについてです。

ご存知のようにSEOは検索エンジンにおいて、あるキーワードで検索されたときに上位に表示されるようにサイトを最適化することです。

検索エンジン最適化: Search Engine Optimization, SEO

検索エンジンのオーガニックな検索結果において特定のウェブサイトが上位に表示されるようウェブサイトの構成などを調整すること。また、その手法の総称

サーチエンジン最適化ないし検索エンジン対策とも呼ばれ、ウェブポジショニングと同義である。サーチエンジンマーケティングとあわせて用いられることも多い。

順位決定には独自の計算式(アルゴリズム)が用いられるが、アルゴリズムは公開されていない場合も多く、特定の検索エンジンの特徴や基準を調査する専門家も存在する

Googleは、例えば米国で1日あたり平均およそ2億4000万の検索結果を返しており、検索エンジン最適化を行うことは重要なマーケティングの一つである。また、ウェブ利用者の多くは「検索結果の上位に表示される企業はメジャーブランドである」と考える傾向にあることが明らかとなっている

Wikipediaより引用

SEO対策代行業者の中には、劣悪なものも多くあります。

具体的にはブックマーク登録をするだとか、外部リンクをたくさん貼るなどの対策です。

しかし、Googleによると今後ますます「本当に価値のあるサイトを評価する」というトレンドが大きくなっていきます。

劣悪業者の小手先の手段は、もう通用しなくなっていくどころかペナルティの対象となるのです。ペナルティになってしまうと、検索外に飛ばされてしまいます。

 

売れていない商品は全て悪い商品ではない

最後に、継続的に記事を投稿し続けて、良い商品を売れば自然にお客様は集まるということに関してです。この誤解はかなりもっともらしく、しかも危険です。

なぜなら、日本国内だけでも何百万という会社があり、そのそれぞれがいくつもの商品をメッセージを発信しながら売っているということは、合わせて考えると天文学的な数の商品が売られていることになります。

しかしその中で、あなたもご存じの通り、売れているのは限られたごく一部の商品です。

では、売れていない商品は全て悪い商品なのでしょうか?

言い方を変えると、一番売れている商品やサービスが一番優れているのでしょうか?

その判断はお任せしますが、私から申し上げたいのは、「一番売れている商品は一番賢く売られている」ということです。

みなさん陥りやすいのが、自社のことを知ってもらうために「自分たちが知ってほしい情報」を発信してしまいます。

もちろん悪いことではありませんが、お客さんがGoogleなどを使って検索して来る際に、どんな検索をしているかというのを踏まえた上で、「お客さんがほしい情報」を発信し、自社の強みを掛け合わせ知っていただかなければ、お客さんは集まりません。

その賢い売り方の一つである「コンテンツマーケティング」が私たちの専門分野であり、御社に貢献できることです。

 

Reach@のサービスについて詳しくは下記ページをご覧ください。

実績500社以上!ブログ記事作成&更新代行

もしサンプル記事や成功事例にご興味ありましたら、当然いきなり営業するといったことはございません。

ご興味がある場合のみご提案させていただいております。

この記事を書いた人

コンテンツマーケティング総合プロデューサー平野 敬

関西大学卒。 2年以上に及ぶインターン経験を経て、SEO設計・戦略立案の運用実績が評価されて入社。1年間でSEOに関わる案件を200社以上担当。上場企業のwebサイト戦略において、サービス開始から4ヶ月でビッグキーワードが上昇し、昨年対比のアクセス流入数が400%UPし、収益化まで実現した実績がある。大企業、中小企業に関わらず、多数のクライアントから支持されている。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。