2019年、いま必要とされる「本当にGoogleに評価される」記事の書き方とは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.11.15

2019年、いま必要とされる「本当にGoogleに評価される」記事の書き方とは

「SEO対策をしているのに、なかなか上位表示がされない!」
「Googleに評価をされるためには、どんな記事を書いたら良いの?」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
Googleのアルゴリズムによる評価の基準は公開されていないため、記事の書き方について迷っている方も多いのではないでしょうか。
今回は、「本当にGoogleに評価される」記事の書き方について解説します。

「本当にGoogleに評価される」記事とは

googleの評価について、悩みを持っている方は多いと思います。
それは、評価されるために必要な要素は、沢山あると言われているからです。
しかし、どれだけ多くの要素を盛り込んでも、基礎的なことを守ることが重要です。
基礎的なことが守れていないと、Googleから良い評価を得られる可能性は低いです。
そのため今回は、Googleに評価をされるために守るべき「3つの基礎」について解説します。

検索キーワードを意識する

ユーザーの検索キーワードを意識することは最も基礎的な要素の1つです。
ユーザーがどのようなキーワードを検索するのかを分析して、それに合ったタイトルを付けられるようにしましょう。
また、検索キーワードを含めたタイトルを付けるだけでは、Googleに評価されるとは限りません。
記事の内容に関しても、キーワードに沿った、ユーザーの検索目的と合致する内容にすることが、重要になってきます。

ページの内容を伝える

ユーザーが見て有益なサイトであると判断できたとしても、Googleがそれを認識できなくては意味がありません。
そのため、ページ内ではアルゴリズムが評価をしやすいように工夫をするようにしましょう。
例えば、画像だけを挿入しても、それがどのような画像であるのかまでは判断することが難しいです。
そういった場合には、画像に代替テキストを入れるといった工夫をすることで、評価をされる可能性が高くなります。
ユーザーと検索エンジンが認識しているものは異なるため、どちらにも優しい作り方をすることが重要であると言えます。

被リンクの数を増やす

googleの大きな判断基準として、被リンクがあります。
これは、様々なサイトからのリンクを集めるページは、それだけ有益なものであるという判断をされていると予想ができます。
この被リンクは、昔からSEOにおいて重要な要素であると言われているため、なるべく増やせるようにしましょう。
また、むやみに色々なサイトにリンクを貼ってもらえば良いという訳ではありません。
それは、リンク元のサイトの信頼度も重要であると言われているためです。
そういったことに関しても、意識をするとより良いと言えます。

まとめ

今回は、「本当にGoogleに評価される」記事の書き方について解説しました。
基礎的なことを中心に紹介しましたが、しっかりと理解することはできましたか。
これらの要素を守れているだけでも、Googleからの評価は大きく変わってくると予想ができます。
SEO対策についてお悩みの方は、試してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。