ブログ記事作成の為に必要なペルソナ設定とは?どのように設定するのか | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.9.16

ブログ記事作成の為に必要なペルソナ設定とは?どのように設定するのか

記事制作を行う際、戦略としてWebコンテンツの作成を行うかと思います。その中で、不特定多数のネットユーザに情報を公開するだけではコンテンツは思うように発展しません。

そこで、制作側で認識を一致させまとまりのあるコンテンツにするために必要なのが「ペルソナ」の設定になってきます。このペルソナ設定がなぜ必要でどのようなメリットがあるのかを今回の記事では、ご紹介したいと思います。

なぜペルソナをたてるのか?

ペルソナとは、「架空の顧客」のことを示しています。「20代男性」「大学生」「アプリをよく使う人」のようなターゲットに対して、「山田太郎20歳男性、大阪南部で一人暮らしをしている大学生、趣味は楽器、通勤には電車を使用、朝はよわい」のように人格を与えたものがペルソナになります。ターゲットだけでは幅が広く、実際に使用するユーザのイメージや想定する動作にぶれが生じることがあるため、具体的なユーザイメージを持つためにペルソナをたてます。

現在の市場において、なぜペルソナが必要なのか。

それは、顧客のニーズの多様化や情報流通の分散化にともない、マーケティングにおいても 数の勝負から、質の勝負へと変化しているからなのです。

ペルソナをたてるメリット

制作人が思っている以上に人によって価値観やとらえ方には大きな違いがあります。ゆえに、ユーザ調査やペルソナ設定というものがとても重要になってくるのです。

コンテンツの共通認識を持つ

具体的な顧客のイメージを持つことで制作側全体の認識も共通にすることができます。ライターが複数いる場合や外注でライターを雇う場合、ターゲットという大幅なイメージだけでなく具体的なペルソナを掲げることで個々の持つ顧客に対するイメージの統一化がでるようになります。

ユーザのニーズの理解が深まる

一番大きなメリットは、やはりユーザのニーズの理解が深まることではないかと思います。明確にペルソナを分析することで現在制作しているサービスやコンテンツを使用するユーザがどのような人たちでどのようなものを提供すべきなのかがよりクリアになっていきます。ペルソナを明確にするには、多様なユーザからデータを集めマーケティングの方向性を決めていくため、よりユーザについての理解が深まっていき、コンテンツの方向性も明確になります。

ペルソナの図
引用:株式会社ゼロセット様

まとめ

多様なユーザがコンテンツを使用するようになっていけばペルソナもその都度変化していきます。ゆえに、定期的にペルソナを分析し、設定をし直していく必要性がでてきます。ペルソナはあくまで、よりスムーズに適格にユーザにコンテンツを提供するために建てるものです。ペルソナをもとに施策を実施したら、データをもとにして分析しながら検証していき、効果が薄かったら、ペルソナが実際のユーザとずれている可能性があります。

このようなときは、施策を見直す必要性があります。この作業を繰り返していき顧客のニーズにあった効果のあるコンテンツを生み出すことができるのです。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。