2020年コンテンツ時代に対応できるブログやYoutube、SNSの総合運用 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2020.1.27

2020年コンテンツ時代に対応できるブログやYoutube、SNSの総合運用

「多くの参入者が存在する中で、2020年はブログやYoutube、SNSをどのように運用すれば良いのだろう・・・」

「コンテンツ時代を生き残るために、SNSなどの運用方法について知りたいな・・・」

2020年以降は、第5世代移動通信システム「5G」の普及や可処分時間の増加により、人々のコンテンツ生産・消費量は大幅に増加していきます。

そのコンテンツ時代の始まりとも呼べる2020年を生き残るためには、時代の潮流に適したブログやYoutube、SNSの総合運用を行わなければなりません。

そこで今回は、2020年コンテンツ時代に対応できるブログやYoutube、SNSの総合運用についてご紹介します。

2020年コンテンツ時代に対応できるブログやYoutube、SNSの総合運用方法

分野を乗り越え、対等な関係で人と協力しながらコンテンツを制作する

今までは、映画なら監督に、YoutubeならYoutuberのように1人に依存してコンテンツが制作されることが多かったですよね。

しかし、コンテンツが大量に制作される2020年以降は、1人だけの力に依拠せず、様々な考え方の人々が集まり、共にコンテンツを制作していことも非常に重要です。

例えば、ライターが1人で記事を完成させるのではなく、分野を飛び越え、デザイナーやプログラマーとタッグを組みコンテンツを作ると、より独自性が生まれるでしょう。

過去のやり方に囚われず、時代の流れに合わせて、変化に適応していくのが大切ですね。

ニッチな分野を攻めることで、ファン化を狙う

2020年以降コンテンツは更に増加していき、コンテンツ間の違いは薄れ、画一化の方向に向かっていくでしょう。

数年前までは人気のあった市場も、今では大量の発信者が参入したことにより、レッドオーシャンと化しています。

このような場合に狙わなければならないのは、ブルーオーシャン、つまりニッチな分野です。

ニッチな分野を深く掘り下げることで、ユーザー層が広くない反面、ペルソナに対しての請求力が強く、共感してもらえることが増えます。

多くの人より、少ない人に刺さるマニアックさが非常に重要です。

コンテンツを制作する際には、マニアックさや意味づけ、発信者に関するストーリーを織り交ぜながら、共感してもらいファンになってもらうことを目指しましょう。

共感してもらえるとファン化に繋がり、コンテンツよりもその発信者に興味を持ってもらえるため、ブログやYoutube、SNSなどの垣根を越えて発信していくハードルが大幅に下がるでしょう。

ブログやYoutube、SNSを連携させながら運用する

コンテンツが大量に存在する中で、ブログだけを運用していても、流入のルートが1つしかなく、ユーザーの目につく可能性は少ないですよね。

そこで、複数のSNSや、ブログとYoutubeを並行して運用することで、ユーザーの流入ルートを増やせます。

それぞれのコンテンツにリンクURLを貼り付けることで、異なるメディアに移動してもらえる可能性も高まります。

また同じテーマについて発信する場合でも、テキストならブログ、動画ならYoutubeのようにそれぞれのメディアに強みが存在します。

それらの強みをしっかり理解し、異なる視点から同じテーマについて発信していくと良いでしょう。

まとめ

今回は、2020年コンテンツ時代に対応できるブログやYoutube、SNSの総合運用についてご紹介しました。

様々な分野の人と協力してコンテンツを作る、ニッチな分野を攻めることでファン化を狙う、ブログやYoutube、SNSを連携させながら運用する、以上3つについて見てきました。

コンテンツの生産・消費量が大幅に増加するこれらの時代においては、常に最先端を追い続け、他のコンテンツとの差別化が大切になってくるでしょう。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。