SNS別、おすすめのブログのシェア方法を解説! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.7.24

SNS別、おすすめのブログのシェア方法を解説!

「ブログを書いた、よしシェアをしよう!」

「SNSにシェアする際、どのような方法がおすすめなんだろう」

このようにお考えの方はいらっしゃいますか?

ブログを書いた後にSNS等にシェアすることはとても大事です。

シェアすることで認知度が上がり、PV数が増えます。

では、どのようにしてシェアするのがおすすめなのでしょうか。

この記事ではSNS別のおすすめシェア方法を解説します。

SNS別ブログシェア方法

SNS別のブログシェア方法

Twitter

まずTwitterはどのような人が使っているのでしょうか。

Twitterを利用しているユーザーは20代が最も多く、年代が上がるほどに男性の比率が上がります。

そのため、若者向けの内容や男性向けの内容をシェアするにはもってこいのSNSです。

主に140字のテキストや画像、動画を使えます。

Twiiterのシェア方法としてはTwitterカードの使用をおすすめします。

Twitterカードとはツイートした記事リンクを魅力的に見せる機能です。

Twitterカードを使うとテキストだけでなく、画像も表示されるため、目に留まりやすくなり、ブログを多くの人に見てもらえます。

設定方法も簡単なのでおすすめです。

Instagram

次にInstagramでのおすすめシェア方法をご紹介します。

Instagramは主に10代20代の人達の多くが利用しているサービスです。

おすすめするシェア方法は単にブログのサムネイルを貼るだけではなく、コメント欄にブログの冒頭部分を乗せることです。

またブログ内容に関連するハッシュタグをつけることで多くの人に見られます。

InstagramはTwitterと違い、画像がメインのSNSとなります。

そのため、ブログ内でオリジナルの画像を使う際にはおすすめです。

Facebook

Facebookは主に40代の人達が使用しているサービスです。

おすすめするシェア方法はアイキャッチ画像を必ずつけることです。

アイキャッチ画像を使用することで、ブログのクリック率が大きく上がります。

また、シェアする際にはタイトルを魅力的にし、コメントを必ずつけましょう。

コメントをつけることで人間味がまし、クリック率が上がります。

ブログをシェアする際の注意点

ブログをシェアすることでアクセス数が増えるなどの利点があります。

しかし、注意しなければいけないこともあります。

上記で紹介した三つのSNSの注意点をご紹介します。

Twitter

Twitterで気をつけることは「単にシェアするだけにならない」ことです。

単にブログのシェアだけを行うアカウントには人間味がありません。

日頃から定期的にツイートを行うようにしましょう。

Instagram

Instagramで重要なのは綺麗な画像を使うことです。

Instagramのメインはもちろん画像です。

画像の比較

こちらを見ていただければ、明らかに右の写真の方が心を惹かれますよね。

画像選びには注意しましょう。

Facebook

注意することは個人のアカウントで多くの情報を発信しないことです。

Facebookは他のSNSと比べ、人と人の繋がりが濃いです。

そのため、シェアばかり行うと最悪人間関係が崩れてしまう恐れがあります。

まとめ

この記事ではSNS別、おすすめのブログシェア方法を解説しました。

シェアを正しく行うことで良い効果がたくさんあります。

ぜひご参考ください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。