SNSマーケティングの必要性について詳しく解説します! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.10.12

SNSマーケティングの必要性について詳しく解説します!

私たちの生活における情報収集方法は、ラジオから始まり、テレビ・新聞に変わり、近年はインターネットやSNSへとデジタルシフトしています。
その変化のきっかけは技術の進歩だけでなく、若者文化からなる時代の流れとも言えます。
中でも、SNSは情報収集の手段だけでなく、マーケティング手段として多くの企業がSNS運用に力を入れ始めています。
そこでここではSNS運用の基本的なことから応用までご紹介していきたいと思います。

⬜︎そもそもSNS運用とは?

まずSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とは、インターネット上で趣味やビジネスの仲間を作るネットワークを構築し、
人間関係を広げるための機能を提供する会員制のサービスのことを言います。
現代で言うとツイッターやフェイスブック、インスタグラム等がこれに該当します。
上述の通り、SNSとはビジネスに活かせるネットワークを構築します。
つまりは、企業と消費者のコミュニケーションツールと言い換えることができます。
SNS運用はこれまでの広告や宣伝活動と違い、双方向のコミュニケーションを可能にしています。

 

⬜︎SNS運用の必要性とは?

この疑問を読み解くためにまずは時代のおさらいをしましょう。
インターネットがこれほどにまで普及する平成までの時代は、企業(生産者)中心のマーケティングでした。
企業が製品を売れば消費者が買い求めてくる、そんな時代背景でした。


しかしインターネットが急速に普及し、誰もが自由に情報を入手・発信できるようになった今日では、企業と消費者間の双方向のコミュニケーションが活発となり、
企業側としては消費者の意見を商品というカタチに反映して売り出すことが必要となって来ました。
その「消費者の意見」が顕在化された場というのがツイッターのタイムラインやインスタグラムの投稿写真といったSNS上となるわけです。
消費者の利用率が高まっているSNSは、消費者のインサイトを読み解く場であり、自社製品の認知拡大に欠かせない場でもあるのです。

 

⬜︎最後に

以上、ここまでSNS運用における必要性についてご説明して来ました。
テレビCMで一方的に宣伝しておけば売れる時代から生活者の潜在的なインサイトを読み解かなければならない時代へとシフトチェンジして来ました。
流行語にもなった「インスタ映え」という言葉にあるように、生活者が求めているものと企業が打ち出そうとしているモノを一致させていくためには、
SNSは今後も欠かせないものとなってきそうです。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。