コンテンツマーケティングが注目され始めたのはなぜ?消費者行動の変化に着目します | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.10.30

コンテンツマーケティングが注目され始めたのはなぜ?消費者行動の変化に着目します

コンテンツマーケティングが注目され始めたのは、ネットワークやSNSが普及し始めたことによって、消費者行動が変化したからです。
消費者行動モデルは、AIDMAからAISAS、そしてSIPSへ、さらにはDECAXへと変化しています。
消費者が商品の購買の意思決定に至るまでのプロセスを知ることは、
消費者が購買に際して感じているボトルネックを知り対策を講じ、売り上げや利益の向上に必要であるため、
消費者行動モデルは多くの研究者によって研究され、論じられています。

今回はその実態をご紹介します。

 

パソコンから商品を選ぶ消費者

まず、マスメディアが主流だった時代に求められたモデルがAIDMAです。
「Attention(注意)、Interest(興味)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(購買)」の頭文字をとったものです。
マスメディアの広告によって消費者は存在を認知し、「注意」をむけたのちニーズに合えば買いたいという「欲求」を抱きます。

すぐに買えない場合は、その存在を「記憶」し、最終的に「購買」するという行動をとります。
その後、インターネットの普及によって「Attention(注意)、Interest(興味)、Search(検索)、Action(購買)、Share(情報共有)」という「AISAS」というモデルになりました。

これは、消費者が情報を得ることが容易になり、購買後はレビューサイトなどで情報共有を行うようになったのです。
そして、SNSの普及によって「Sympathize(共感する)、Identify(確認する)、Participate(参加する)、Share&Spread(共有・拡散する)」という「SIPS」モデルとなりました。
消費者は、発信されている商品情報や背後にある価値観などに「共感」したときに、そのファーストインプレッションが正しいかどうかの「確認」をします。

間違っていなかったら活動に「参加」し、商品購入のみにとどまらずSNS上で「共有拡散」するのです。
現在注目されているコンテンツマーケティングでは、「DECAX」モデルへと変遷しました。
「Discovery(発見)、Engage(関係構築)、Check(確認)、Action(行動)、eXperience(体験と共有)」の5段階で構成されています。

従来の一方的な広告であるマス広告に注意喚起されていたプッシュ型から、
消費者自らが自分にとって価値のある情報を探し出すプル型のプロセスに変わったのです。
検索により(偶発的または強制的)に発見したコンテンツにより、消費者は「関係構築」を始めます。
そのコンテンツは、優れたものほど強く印象付けすることができ、身近さや信頼性を感じてもらうことができるのです。

そして、商品・サービスの信憑性をSNSやレビューサイトを駆使して「確認」し、それが確かめられれば、
購買という「行動」をとります。

さらに、リピーター・ロイヤルカスタマー化するために「体験と共有」というプロセスが続くのです。
それが続くことで、質の高いコンテンツは評価され、
さらに多くの消費者に「発見」してもらえるというプロセスがまた繰り返されます。

 

iphoneを見る消費者たち

このように、コンテンツマーケティングは価値の高い情報の提供によって、
見込み客までをもロイヤルカスタマー化することが可能になるため、注目されているといえます。
近年、ホットなキーワードであるコンテンツマーケティングは、
消費者の行動の変化に伴い最も影響を与えるよう変遷してきました。

ビジネスを確立させるために大切なマーケティング活動における要は消費者です。
その行動を理解したうえで、コンテンツマーケティングを活用してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。