Webサイトで見せるべきコンテンツとは?まずは自社の強みを棚卸ししよう! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.12.6

Webサイトで見せるべきコンテンツとは?まずは自社の強みを棚卸ししよう!

「企業のWeb制作担当者になったけど、サイトにはどんなコンテンツを載せればいいのかな・・・」

「Webサイトで見せるべきコンテンツについて詳しく知りたいな・・・」

インターネットでWebサイトを目にしたことがないという方はいらっしゃらないと思います。

しかし、いざ自分がWebサイトを制作するとなると、どのようなコンテンツを載せるべきか分からなくなりますよね。

そこで今回は、Webサイトで見せるべきコンテンツと「自社の強み」についてご紹介します。

ターゲット層とペルソナから考えるコンテンツ

まず、Webサイト制作の初期段階として、制作するサイトが企業向けなのか個人向けなのかかを考えましょう。

BtoBかBtoCのどちらを意識するかによって、見せるべきコンテンツも変わってきます。

コンテンツマーケティングの観点から、BtoBなのかBtoCなのか、ユーザーの立場に合わせてコンテンツを最適化させることが重要です。

企業をターゲットにする場合、コンテンツが見られるのは基本的には勤務時間中です。

オフィスでは基本的にPCで読まれることが多いため、スマートフォンにおける読みやすさは意識しなくてもいいですね。

見せるコンテンツとしては、ターゲットのオフィスで役立つ情報を発信していくことが大切です。

一方で、ターゲットが個人の場合、家でも外出先でも見られることがあるため、PCとスマートフォンの両方の読みやすさが必要になってきます。

BtoBとは扱う必要のなかった情報でも、発信していくうちに認知獲得の1つの手段になります。

このような発信を続けていくことで、検索の際に社名を思い出してもらったり、比較検討の際の対象になります。

また、ターゲットとなるペルソナの設定は作り込むことが重要です。

ペルソナの普段の日常生活や悩みから、コンテンツを見てどんなアクションを取ってほしいかまで考えて、そのペルソナに対して最適なコンテンツの見せ方を考えなければなりません。

ペルソナの問題を解決しうる「自社の強み」

制作するWebサイトのターゲットやペルソナの設定が完了すれば、自然に見せるべきコンテンツは分かってきます。

サイトに載せられているコンテンツは、商品やサービスなどの基本情報から、ペルソナの問題解決を手助けする情報まで様々です。

サイト制作において、デザインやレイアウトなども大切ですが、最も重要なのはコンテンツ制作です。

中でも、ペルソナの問題を解決するコンテンツは欠かせません。

つまり、Webサイトはペルソナの問題を解決するツールと言えるでしょう。

ペルソナの問題解決を手助けする可能性が高いコンテンツが、「自社の強み」です。

世間で認知の高い会社であれば、不要かもしれないが、基本的には載せるほうが良いでしょう。

「自社の強み」は、競合との差別化や自社がペルソナの問題をどのように解決するかをアピールできるコンテンツと言えます。

まとめ

今回は、Webサイトで見せるべきコンテンツと「自社の強み」についてご紹介しました。

Webサイトで見せるべきコンテンツは、ターゲットが会社か個人によっても変わります。

しかしターゲットがどちらにせよ、ぺルソナの問題を解決できる「自社の強み」が、ユーザーに見せるべきコンテンツの代表格といえるでしょう。

常に、ユーザー目線でWebサイトを制作していくことが大切ですね。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。