ユーザーの興味の深度によって読ませる記事を書き分けるライティング術 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.9.30

ユーザーの興味の深度によって読ませる記事を書き分けるライティング術

「記事を書いても離脱率が高い」
「なんで一生懸命書いた記事が読まれないんだろう」
このようにお考えの方はいらっしゃいますか?
せっかく時間をかけて書いた記事が読まれないと、嫌ですよね。
しかし、記事が読まれない、もしくは離脱率が高いことには原因があります。
では、何が原因なのでしょうか。
この記事では読まれる記事になるためのライティング術を解説します。

ユーザーの興味の深度を設定する

ユーザーの興味の深度を設定する

ブログ記事を作成する時に大切なのが「読者に何を伝えるのか」ということです。
その中で、しっかりとキーワードを選定し、ライティングしていきましょう。
読者が求めている情報は何かを常に考える必要があります。
例えば「外壁塗装 費用」というキーワードでブログ記事を書いた場合、読者は外壁塗装の費用に対してどれほどの興味があるのでしょうか。
ほとんどの場合、外壁塗装工事をするのに大体いくらほど必要なのかを知りたいのであって、詳しい材料の費用は求めていません。
そのため、想定するキーワードによって、記事を書き分ける必要があります。
では、どのようにして記事を書き分けるのでしょうか。

読ませる記事を書き分けるライティング術とは

読ませる記事のライティング方法は二つあります。

キーワードをしっかり決める

まず最初に行うことは記事のキーワードをしっかりと決めることです。
読まれない記事というのは読者が想定していない内容のものです。
想定していない内容だと、離脱率が多くなります。
書きたい記事がある場合、それに合ったキーワードを選び、執筆しましょう。
また、キーワードを選び、執筆することでSEOに強い記事になるため、一石二鳥です。
記事を書く際は、しっかりとキーワードを選び、それに合った内容の記事を書きましょう。

誰に対しての記事かを考える

二つ目は誰に向けての記事かを考えることです。
記事を書く時の良い方法として、執筆する際には悩んでいる人を想像し、その一人に向けて記事を書く方法があります。
誰に向けて記事を書くのかを常に考えることで、読まれる記事を作成することができます。

おすすめは企画書を作成すること

おすすめは企画書を作成すること

一番おすすめする方法は企画書を作成することです。
企画書には「対策キーワード」、「想定読者」、「誰に何を伝える記事なのか」その他、対象読者の年齢や性別、職業までを書けるとより良いです。
このように企画書を作成することにより、読ませる記事を書くことができます。
また、後々リライトを行う際にも参考にすることができるため、簡単でも良いので企画書はしっかりと作成しましょう。

まとめ

この記事では読まれる記事になるためのライティング術を解説しました。
まずはキーワードをしっかりと選定し、誰に対しての記事かを明確にすることで読まれる記事になります。
ぜひご参考ください。
また、当社ではSEOを意識した記事ライティングを行なっています。
ご興味ある方はぜひ一度ご相談下さい。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。