自社の狙うべきキーワードの見極め方とは?記事作成の前に考えるキーワード選定 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.12.4

自社の狙うべきキーワードの見極め方とは?記事作成の前に考えるキーワード選定

「記事執筆の前に行うキーワードの選定方法が分からないな・・・」

「SEO効果を考慮したキーワードの選定方法を知りたいな・・・」

自社サイトやブログに投稿する記事を作成する際には、SEO対策を考えたうえで、キーワードを選定しなければなりません。

この選定を正しく行うことで、サイトやブログの上位表示につながります。

そこで今回は、記事作成の前に考えるキーワード選定についてご紹介します。

キーワードの選定方法

可能な限り多くの候補を出す

選び方の第1段階として、まずキーワードの候補を出します。

この段階では、可能な限り短時間で大量の候補を出すことが大切です。

まずは、自分の頭で思いつく範囲で候補を出していきましょう。

思いついたキーワードとサイトとの相性の良さを調べるために、実際に検索します。

ここで重要なのは、普通に検索した結果は、普段の検索履歴に応じて並び替えられていることです。

そのため、Google Chromeでは、検索履歴に影響のないシークレットモードで検索する必要があります。

サイトと相性のいいキーワードを見つけたら、GoogleキーワードプランナーやUbersuggestを使って、候補を広げます。

候補を広げる際には、検索ボリュームがあるうえで、サイトと相性が良さそうなキーワードを選ぶと良いでしょう。

また、もっと候補を増やす場合は、Googleやbingの入力キーワードのサジェストを一括で出し、関連検索語も広められるgoodkeywordを使うのも良いかもしれませんね。

候補を絞り込む

次に第2段階として、先に選んだ候補のキーワードを絞り込んでいきます。

まず、候補の中から、SEO難易度があまりにも高いキーワードを外します。

こうすることで、実際にSEO対策をして効果が生まれそうなキーワードが残ります。

キーワード難易度チェックツールを使って、候補を絞り込むのがいいでしょう。

また、候補を絞り込む際には、ペルソナがどんな人で、どのようなキーワードを使って検索するのかを常に考えることが非常に重要です。

キーワード含むコンテンツを書く順番を考える

最終段階では、絞り込んだキーワードの中から、どの順番でコンテンツを作成するか考えます。

検索ボリュームの少ないキーワードを先に選ぶと、得られる効果も小さくなります。

一方でボリュームの大きいキーワードを先に選ぶと、効果が出るまでに時間がかかります。

そのため、バランスを重要視し、サイトにあったキーワードを選定し、順にコンテンツを作成することが大切です。

まとめ

今回は、記事作成の前に考えるキーワード選定についてご紹介しました。

キーワード選定は主に3段階あり、まずは候補を出し、それらの候補を絞り込み、選定キーワードを含むコンテンツを書く順番を決めます。

キーワード選定以外にも、内部リンクの埋め込みや画像の最適化などの内部対策を実施するとSEO効果が向上します。

SEO対策は、すぐには効果が出ませんが、継続すればいずれ効果が出るので、日々向き合っていきましょう。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。