ペルソナ設計は明確ですか? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.10.15

ペルソナ設計は明確ですか?

こんにちは。
ブログ代行サービスReach@を運営しております、未来電子テクノロジーの加屋と申します。

今回はブログを活用し集客を行うにあたって、必要な要素の1つである「ペルソナ設計」についてお話させていただければと思います。

ただブログを更新するだけでは成果が出ない?

私がお客様からよく質問をいただくものとして、

「キーワード選定もやっている」
「ほぼ毎日更新している」
「なのに成果が出ない」

というものです。

一体何が足りていないのでしょうか?

1つの成果が出ていない要因としてはペルソナ設計を疎かにしてしまっているケースが考えられます。

「ペルソナ設計」とは簡単に言うと「ターゲット選定」のことを指します。
御社がご提供しているサービスは、どんなお客様が普段購入してくれるのでしょうか?

性別、地域、悩んでいるポイント、業界的に流行している情報。
必ず狙っていきたいターゲット像があるはずです。

ブログ集客において必要とされる「キーワード選定」とは御社のターゲットが情報収集している際に検索しているキーワードを選定することです。

住宅業であれば「住宅ローン」「補助金」などが検索されてそうですし、不動産業であれば「不動産買取」「業者選び」などが検索されているかもしれません。

あくまでもこれらは1つの事例ですので、御社であれば自社のターゲットにどのような記事を発信していくかはお客様によって変わってくるでしょう。

 

ペルソナ設計を行う4つの観点

まずは自社ターゲットのペルソナ設計を、以下の4つの観点から選定してみてはいかがでしょうか。

①性別
・男性 or 女性

②年齢
・ターゲットの年齢層

③仕事
・ターゲットのお客様の職業
(提供するサービスの単価が高い場合は高収入な職業を選定する)

④悩み
・ターゲットのお客様はどのようなことにお困りごとがあるのか。

 

しっかりとペルソナ設計を行うと、見えていなかったキーワード選定の視点や書くネタも明確になってきます。
逆にペルソナ像がしっかりしていないと、闇雲に記事を書いてしまうことになり、結果成果には繋がらないのです。

ポイントは「誰に」「どんな情報を」「いつ」発信するのかだと私は考えます。

自社のターゲットとなるお客様が欲しい情報を、お客様が検索したタイミングで届けることができれば、書いたブログは検索で引っかかり自社サービスを認識していただけるきっかけになるでしょう。

終わりに

もし、ブログからの集客に悩まれている場合は再度自社のターゲットを明確化して理想のペルソナ像を設計してみてはいかがでしょうか。

ターゲット像が明確化すると自ずと発信すべき内容、お客様が欲している情報が見えてくるかもしれません。
ぜひ自社ブログ更新の際の参考にして頂ければ幸いです。

この記事を書いた人

コンテンツマーケティングマネージャー加屋 陽士

近畿大学経済学部卒。 学生時代にライターとしてReach@立ち上げに参画。住宅、不動産、鍼灸院、通販など、様々な業種のライティングを担当。鍼灸院のコンテンツマーケティングでは、年間で2400万円の売上増加に貢献。実績が評価され、現在は、コンテンツマーケティングマネージャーとして、顧客の収益最大化に向け従事している。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。