ブログを更新する時に必要な、キーワード選定する時のポイント | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.9.3

ブログを更新する時に必要な、キーワード選定する時のポイント

こんにちは、未来電子テクノロジー・コンテンツディレクターの川崎です。

web集客を加速させていくためには色々な手段があります。例えば、リスティング広告、SNSの動画、HPの更新など様々です。

その中でも中長期的にweb集客を行っていくためには自社HPを強化していくことが大前提だと、webの専門家の立場として考えています。

具体的な方法として一般的なのは、自社ブログの更新です。

では、ブログはどのように更新すれば良いのでしょうか?

 

ブログを更新する為にまず行うキーワード選定とは?

「どんなブログを書けば良いのか?」

この悩みをいろいろなweb担当の方からよく伺います。

ただ単に日記のようなブログ記事では誰も見てくれません。

HPは見てもらわないと意味がありませんので、いかに自社HPのアクセスやPVに繋がるブログ記事を更新できるかが、web集客拡大においての重要なキーファクターです。

その重要なキーファクターの根幹が「キーワード選定」なのです。

そこで今回は、HP強化・Web集客拡大のためのブログ更新に効果的な「キーワード選定」の基礎をご紹介します。

 

ペルソナのリアルな情報があると百人力!

まずは誰にブログを通してメッセージを伝えるかが重要です。

その「誰」を明確にするために「ペルソナ」という考えはかなり一般化してきましたね。

ペルソナ:サービスや商品に典型的なユーザー像を可能な限り具体化していくこと。

当社でもこのペルソナを意識しています。

ただ、「ペルソナってどうやって決めればいいの?」という声を伺います。

個人的な考えとしては、「このサービス・商品を一番必要としている人は身近にいないか?」というところから進める方法がおすすめです。

一番フィットするペルソナがいれば、今何に悩んでいて、普段どういう情報を見るのか細かく聞いてみると、より具体的な悩みが浮かび上がってきます。

このように具体的な「悩み」を解決するためにユーザーはどういうキーワードで情報を調べているのか?と連想していってください。

当社ではこのように具体化したペルソナの行動や考えをトレースして、どういうキーワードで情報を調べるのかをリサーチし、キーワードを決めています。

 

その他の悩みの見つけ方

上記のような悩みの見つけ方の他にもう少し簡単な悩みの見つけ方があります。

それは「悩みサイト」です。

今の時代様々な悩みサイトが存在しています。

「◯◯ 悩み」で検索するとほとんどの場合、検索結果の上位に表示されるかと思います。

悩みサイトを確認するとユーザーは匿名であっても具体的な内容が記載されていることが多いです。

その内容を確認するとユーザーの悩みに関するキーワードが見えてきて、キーワードの仮決定ができるかと思います。

仮決定したキーワードを検索してみて、どんなタイトルが検索結果に表示されるのか確認してみてください。

このような流れでもキーワードは無限に浮かんできます。

この流れにGoogle Analyticsをもとにした分析の視点を足してあげると、Web集客・HP強化にぐっと近づくのではないでしょうか?

 

まとめ

  • ペルソナにインタビュー、もしくは考えや行動をトレースして連想する。
  • 悩みサイトでユーザーの悩みを抽出する。

以上が当社でも実施しているキーワード選定のもととなっている考え方です。

上記の考え方だと、ユーザーが抱える悩みにアプローチでき、ユーザーにとっても良質な情報が更新できます。

ぜひ参考にしてみてください。

ブログ更新でお悩みの方は下記よりお気軽にお問い合わせください!

ブログ更新代行Reach@

この記事を書いた人

コンテンツディレクター川崎 修

立命館大学経営学部卒。 コンテンツ企画・運用を得意領域とし、主にコンテンツディレクションを担当している。企業メディアサイト立ち上げ、広告運用など幅広い経験をしている。Googleアナリティクス分析企業数は300社以上実施。コンテンツマーケティング導入企業の平均セッション数を150%UPするなど、多数の実績がある。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。