編集者なら理解しておきたい、ライターに共有しておくべき情報とは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.9.20

編集者なら理解しておきたい、ライターに共有しておくべき情報とは

編集者なら理解しておきたい、ライターに共有しておくべき情報とは

編集者は、どんなコンテンツを作ればいいのか、どんな体制を組めばいいのか、マーケティングやSNSの施策はどうすればいいのかといったような課題がたくさんあると思います。しかしながら、「企画」「ディレクション」「進行管理」の3点をしっかりできさえすれば自然と編集者としてのスキルは伸びていきます。今回は、この3点を抑えるためにお勧めの本を紹介します。

  1. 元編集者が語るライターの育て方

この本の始まりは、出版業界で「良いライターが育っていない」という著者の嘆きから始まります。なぜ育たないのか、それはメディアがライターを育てようという風潮がないからです。編集者は世間に数多く存在しており、同じライターに仕事を継続的に降られることは少なく、複数のライターに分散させて執筆してもらっている場合が多いです。たとえば、継続的に仕事を続けるとその分だけ待遇を改善しなければいけません。そのため、編集部は同じライターではなく複数のライターに依頼することが多いのです。

しかし、このやり方ではライター個人の成長にはつながらず優秀なライターに育つ機会がなくなってしまいます。本書では、ライター一人一人を教育し成長させることも編集部の務めであることについて詳しく描かれています。ライターに取材についてのノウハウを教え、やっていいこととやってはいけないことを事前に伝えたうえで仕事を依頼する、それを根気よく続けていけば編集部にとって理想の仕事をしてくれるライターが生まれるということを紹介しています。ライターとしてだけではなく、編集の仕事にも興味がある人は、著者の言葉に響くところが多いのではないでしょうか。

2.編集部の声を知り、ライター業に役立てる

本書では、ライターの教育方法について描かれています。ライターの中には編集部の時間を煩わせると印象を悪くするのではないかと考え、打ち合わせの時間を削りたがる人もいるのではないでしょうか。しかし、実際には編集者はライターと記事について共に完成図を築いていくことを望んでいます。ライターと編集者が同じゴールを設定して仕事をすることで、より良い記事が書けるようになるのです。本書はライターが仕事をするうえで注意すべきポイントを明確にしてくれるという役割も含んでいるのです。

3.ライターが持ちたい二つの視点

本書からは、ライターに大切な二つの視点について描かれています。一つ目は「ライターの視点」です。取材をする際にその対象の何に魅力を感じ、そこから何を膨らませて書けば面白くなるかという視点です。

もう一つは「編集者の視点」です。読者が求める記事はどんなものなのか、どのような文章であれば読みやすいのかを考える視点です。ライターの多くはこのうちの「ライターの視点」しか持っていないことが多いです。ゆえに、編集者に言われたことをただ、こなすだけの存在になってしまいがちです。そんな人に対して、本書を読めば「編集者の視点」を理解でき、自ら提案を行い編集する像が見えてきます。

編集者の視点をもって描けるライターになるためにもぜひ本書は読んでいただきたい一冊です。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。