編集者になる時に意識するべき「ライター」と「編集者」の違いとは? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2020.1.6

編集者になる時に意識するべき「ライター」と「編集者」の違いとは?

「今まではウェブのライターとして主に活動してきたけれど、これからは編集者としても活動したい」
「編集者という肩書になったものの、ライターとの細かな差異がよくわからない」
そのようにお悩みの方はいませんか?
紙やウェブの媒体に違いはありますが、ライターは基本的に文章そのものを書くことがほとんどですよね。
では、編集者は何をしているのでしょうか。
今回の記事では、これから編集者になる、もしくはなりたい人に役立つ、「編集者とライターの役割」について詳しくお話しします。

ライターがするお仕事の内容

ライティング作業

その名前からよく分かる通り、記事を目にする人が実際に読む部分を作るのが物書きです。
さまざまなトピックの記事を自ら書きます。
記事を書くためにはまず、その記事の方向性を決め、さらに情報を収集してから書く必要があります。
狭い意味でのライターとは、この「書く」という部分だけを担う人のことです。
文章は記事を読む人が一番多く目にする重要な場所です。
そのため、わかりやすく物事を伝えるスキルがライターには求められます。

編集者がするお仕事の内容

編集作業

先程記事を書くためにはまずその記事の方向性を決める必要があるとお話ししました。
この記事の方向性を決めるのが、多くの場合は編集者です。
どのようなターゲットにどのような観点から物事を伝えるのかを編集者が考えます。
また、記事そのものを言葉を選んで作る人や、他の人に取材する人、円滑な進行のために交渉する人など、記事を一つ作るためにさまざまな人に役割を与えている場合、これらの統括を編集者がすることもあります。
ライターが基本的にになっている仕事は、実際に人が目にする部分を作ることでした。
一方編集者は、記事全体を俯瞰し、導きたい方向に行かせるディレクター的な役割を持っているのです。

どちらの役割もこなす人

近年、個人で活動するフリーランスのウェブライターが増えています。
そのような方々は自ら記事の方向性を決め、取材、交渉を重ねた後、最後に自分で記事を書きます。
このように、近年では編集者としての仕事もライターとしての仕事も全て担当するフリーランサーも少なくありません。

編集者になるにはどのような意識が必要か

ここまでライターと編集者の違いについて詳しくお話ししましたが、編集者になるには意識しておくべきポイントがあります。
それは、編集者は記事全体をまとめる必要があるということです。
上でもあるように、全体の雰囲気や目的を確実にしてから記事の企画を作り、各方面に指示を出すことが必要なのです。
そのため、記事の方向性を強く意識することが重要です。

まとめ

今回は、編集者とライターの役割について紹介した上で、編集者が意識すべきことについて紹介しました。
普段からずっと文章を作る人として活動してきた方にとっては、この両者の役割の差を意識するのは難しいかもしれません。
しかし、少しこの記事で紹介した点を頭に入れておくことで、きっと今までとは違う見方で記事作りに取り組めるはずです。
ライターの方も編集者の方も、ぜひ参考にしてみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。