これからライターになりたい人へ。ライターの勉強をする順序とは? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.11.13

これからライターになりたい人へ。ライターの勉強をする順序とは?

「Webライターになりたいけど、どうやったらなれるのだろう・・・」

「フリーランスのライターになりたいけど、ライターの勉強順序が分からないな・・・」

誰もがインターネットで情報取集する現代において、Webサイトの文章を書くライターの需要は非常に高いです。

また、フリーランスのライターを目指している方も多いかもしれません。

しかし、いざ目指すとなると、ライターの勉強をする順序って分かりにくいですよね。

そこで今回は、ライターの勉強をする順序についてご紹介します。

ライティングに関する本を読み、インプットする

いきなり仕事を受注したり、ブログを開設したりして、ライティングを始めるのは少々難易度が高いかもしれません。

まずは、ライティングに関する本を読み、ライターに必須の基礎知識をインプットする必要があります。

また、出版社から出された本は、校閲や出版などの多くの工程を乗り越えて世に出回っているため、文法ミスや誤字脱字は少ないです。

そのため、これらの本を読むだけでも、プロの文章を手本にできますね。

20歳の自分に受けさせたい文章講義

日本人だと、日本語のライティングは簡単なように感じますよね。

しかし実際は、日本語で「話すこと」と「書くこと」は異なります。

日本語で「書くこと」には、より正確さが求められます。

この本を読めば、ライターに必須かつ基本的なスキルとしての「正しい日本語力」を身に付けられます。

沈黙のWebライティング〈SEOのためのライティング教本〉

Webライターは、Webサイト上の文章を書きます。

インターネット上には多数のWebサイトが存在するので、全てのWebサイト、記事が平等に扱われるわけではありません。

その差が生まれるカギとなるのはSEO(検索エンジン最適化)です。

SEOに強いコンテンツが、Googleによって探し出され、検索した際に上位表示されるようになるのです。

SEOに関する基礎知識やノウハウを学べる一冊です。

実際に仕事を受注し、アウトプットする

本やインターネット上の情報をインプットして、基礎的な土台が完成した次は、実際に仕事を受注してアウトプットに移ります。

ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスには、ライティング案件が多数存在します。

最初は単価が低いかもしれませんが、実際にライターの経験を積むと、様々なことが学べます。

可能であれば、フィードバックをもらいましょう。

第三者の目線で添削してもらうことで、読み手を意識したライティングができるようになります。

実践経験を多く積み、スキルが向上したら、徐々に単価を上げる交渉をしていけば良いでしょう。

まとめ

今回は、ライターの勉強をする順序についてご紹介しました。

ライターの勉強をする順序としては、まず本やインターネット上の情報で、ライティングやSEOに関する知識をインプットし、実際に仕事を受注する中でアウトプットしていく形です。

これらの他にも、スケジュール管理能力やタイピングなどもライターに必要なスキルです。

ライターとしてのスキルアップを念頭に置きながら、日々インプットやアウトプットをこなし、周りのライターと差別化することで、活躍できますね。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。