独自コンテンツ作成が難しいと感じる人におすすめな対談記事の作り方 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.11.20

独自コンテンツ作成が難しいと感じる人におすすめな対談記事の作り方

「独自コンテンツの作成が難しいな・・・」

「対談記事を作ってみたいけど、作り方が分からないな・・・」

自分だけの独自コンテンツを作るのってなかなか難しいですよね。

そんな方におすすめしたいのが対談記事です。

そこで今回は、独自コンテンツと対談記事の作り方についてご紹介します。

独自コンテンツについて

独自コンテンツとは、過去の体験や経験などの自分独自の観点を取り入れたコンテンツです。

Googleは独自コンテンツを重視しており、検索順位を決める際の決定要素としています。

そのため、独自コンテンツは、SEOにおいて欠かせない存在です

他のWebサイトに溢れているコンテンツと差別化し、独自コンテンツを提供することで付加価値を生み出さなければなりません。

これはGoogleのユーザーファーストの概念と合致しています。

対談記事の作り方

対談記事はインタビュー記事とも呼ばれており、取材や対談を通して聞いた話や情報を、後でまとめた記事です。

どんな目的で、何を伝えたいかをはっきりさせることが大切です。

また、対談で聞いた内容をそのまま書けばいいというわけではありません。

話し手の様々な話を、分かりやすくまとめる必要があります。

そのために、記憶が新しいうちに執筆を始めるのがおすすめです。

加えて、話し手と聞き手の対話の様子を上手く文章にできると、読者にも対談の臨場感が伝わり、自然に読めますね。

以下では、対談記事の作り方を大まかにご紹介します。

文字起こし

対談では、記憶やメモだけでなく、ICレコーダーなどを使って音声を録音します。

文字起こしで大切なのは、全ての内容を書き起こすことです。

記憶やメモだけでは忘れている部分があるので、全ての内容を書き起こすと確認できます。

書き起こしをサポートしてくれるサービスもあるので、時間がかかる場合は使ってみるのも良いですね。

執筆

文字起こしが完成したら、実際に執筆を始めます。

導入部分には、話し手の紹介と対談の目的を書きましょう。

これらを記事の冒頭に書くことで、読者は目的をもって記事を読めます。

対談記事が長い場合は、内容がまとめられた小見出しを付け、それぞれの部分で何について話されているかを分かるようにすると良いでしょう。

また、話し言葉には注意しなければなりません。

実際の対談では話し言葉が使われていますが、話し言葉をそのまま書き起こすと、言葉の省略などにより、読者が理解できないことがあります。

そのため、話し言葉を書き言葉に変換し、場合によっては言葉を補う必要があります。

校正と校閲

執筆が終わると、いよいよ最終段階です。

校正と校閲を通して、誤字脱字や表現の誤りを正します。

また、話し手の発言内容の事実確認を行い、記憶ミスで事実と異なることを書いていないか確認しなければなりません。

校正と校閲が終われば、対談記事の完成です。

まとめ

今回は、独自コンテンツと対談記事の作り方についてご紹介しました。

独自コンテンツの中でもおすすめなのが対談記事であり、基本的な手順とルールを守れば誰でも作成できます。

最初は難しく感じるかもしれませんが、経験を積むことでコツも掴めるでしょう。

独自コンテンツは、SEOにおいて重要な存在なので、積極的に作成していきたいですね。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。