良いブログと悪いブログって何?目的を明確にして解析する事で改善する編集テク | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2020.1.24

良いブログと悪いブログって何?目的を明確にして解析する事で改善する編集テク

「良いブログを書くように心がけているつもりだけど、良くないブログになっていないか不安だな」

「わかりやすくクオリティの高いブログを書きたいけれど、どうすれば良いのかわからない」

そのようにお困りの方はいませんか?

近年ブログを書くことへのハードルも下がり、様々な人が数多くのジャンルのブログを作成しています。

しかし、ブログの数が増えれば増えるほど気になってくるのがそのクオリティですよね。

できるだけ良いブログを書きたいと思うのは自然なことです。

では、実際に良いブログとは何なのでしょうか?

今回の記事では、良いブログと悪いブログの違いや、改善するためのテクニックをご紹介します。

良いブログってどんなもの?

タイピングする人

テーマや目的が明確にわかる

ブログ全体のテーマや、その記事を書く目的ははっきりありますか?

テーマや目的がはっきりしているブログは自然と内容がわかりやすくなりやすいです。

記事が整理整頓されている

記事を内容ごとにカテゴライズしているブログも良いブログであると言えます。

記事の内容がどんなものなのか、すべてカテゴリを未分類にしてしまうとわかりづらくなります。

悪いブログってどんなもの?

伝えたいことがわからない

記事の方向性が定まっておらず、伝えたいことがわからないブログは良いものとは言えません。

序論、本論、結論…とまでかっちり決めてから記事を書く必要はありませんが、軽く考えておくと安心です。

見た目がごちゃごちゃしている

ブログに過度な装飾をつけていると、見やすくなるのではなく、かえって目に優しくないブログになってしまいます。

文字の色や大きさを変えるのは、内容を強調したい「ここぞ!」という時だけに使うとメリハリがつきます。

タイトルに工夫が無い

記事一つ一つのタイトルも重要です。

単語だけを並べるタイトルにしていませんか?

このようなタイトルにすると、検索エンジンから探した時にヒットしづらくなります。

さらに検索で見つけづらいだけでなく、ブログを普段見てくれている方にとっても探しにくいのです。

文章に変えるだけでもぐっと人をひきつけやすくなります。

改善するためのテクニック

ゴールを見据えて書く

この記事で何を伝えたいのか、どんな人に伝えたいのかという目的意識をもって記事を書くようにしましょう。

ゴールを意識して記事を書くだけで伝えたいことが整理されるため、わかりやすい記事になります。

読者目線に立つ

読者がわかりづらくなる原因は何なのか考える癖をつけるのも良いでしょう。

おかしな装飾はないか、記事を見つけやすいかなど、読者の目線に立つことが大切です。

まとめ

読者の女性

今回の記事では、良いブログの定義や、さらに良いブログを作成するための編集テクニックについてご紹介しました。

自分のブログが良いブログだと言えるのかどうか、客観的に判断するのは難しいことですよね。

今回紹介したことを参考に、一度ぜひ客観的にブログを評価してみてください。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。