「重複コンテンツ」とは?記事作成時の対策方法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.6.24

「重複コンテンツ」とは?SEOに与える影響と記事作成時の対策方法

重複コンテンツというものをご存知でしょうか?
記事を書いてもなかなか検索順位が上がらないこと、ありますよね?その理由の一つとして重複コンテンツが上げられます。

今回は、記事を書く際に重複コンテンツに対してどのような対策をするべきなのかを紹介したいと思います。

重複コンテンツによる影響

重複コンテンツとは、ページは違うもののタイトルやコンテンツがサイト内外問わず同じものを指します。誰でもアクセスできるWeb上においては、同じ内容では評価が得られず、結果的にSEOが上がらない要因になってしまいます。

SEOとは、検索エンジンに対して最適なものかどうかを指し示す言葉です。SEOを向上させるためには、ユーザーに価値のあるコンテンツを提供し、検索エンジンに正しく理解できるページ構成にする必要があります。ゆえに、サイトを設計する際には検索するユーザーのニーズやサイトを閲覧する目的を明確にし、ページの遷移を行いやすい構成にする必要があります。しかしながら、サイト内に重複したページがあるとユーザーにとっては不要な情報が増えたと検索エンジンは認識し、サイトの質が下がったと評価し、SEOが上がらなくなってしまうのです。

1.同時に検索結果に出ない

検索エンジンでは、同じ内容のページは2つ以上同時に検索結果に出ないようになっています。同じサイト内で重複した内容のページがあるとアクセスが分散してしまい、結果的にSEOが向上しなくなってしまいます。

2.被リンク評価の低下

自サイト内で発生する重複コンテンツによる影響の一つが、被リンク評価の分散です。検索エンジンはリンク一つ一つを評価しており、内容が同じページがあると被リンクが分散し、リンクの評価が下がり結果的にSEOが向上しなくなってしまいます。例えば、リンクが4つあるサイトがありこのリンクの内容がすべて同じだとします。この場合、リンクの評価はそれぞれのリンクに対して50,30,15,5という様にリンクの評価が別れてしまいます。しかしながら、4つとも内容が全て違うリンクであればそれぞれ100,100,100,100という評価が付くのです。同じ内容のリンクがあると元々100で評価されていたページの評価が分散され100という評価を得ることができなくなってしまいます。ページの価値が下がればそのページは検索エンジンに上がりづらくなってしまうのです。

記事を書く際の対策方法

サイト内の記事が増えてくると重複コンテンツとなる確率が高くなってきます。記事を書く際の対策方法として、今回は無料で使用できるチェックツールを3つ紹介いたします。

・こぴらん
こぴらんサイト画像


こぴらんでは、フォームに文章をコピーして検証を行います。
最大文字数:4000文字
長いページでも対応

・剽窃チェッカー
剽窃チェッカーサイト画像

剽窃チェッカーも同様に、フォームに文章をコピーして検証を行います。
最大文字数:2000文字
対応文字:言語が豊富・中国語・ロシア語など

・Sujico(スジコ)
Sujico(スジコ)サイト画像

Sujico(スジコ)は、対象サイトのURLを検索し検証を行います。

HTML類似度やcanonical属性の有無表示

まとめ

今回は、重複コンテンツと記事作成時の対策法について紹介しました。
重複コンテンツを放置してしまうとサイトの質は低下してしまいます。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。