問い合わせを解析するためのGoogle Analytics「目標」の設定と確認方法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.11.4

問い合わせを解析するためのGoogle Analytics「目標」の設定と確認方法

「Google Analyticsの目標って何に使うの?」
「目標の設定や確認方法について知りたい!」
このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。
Google Analyticsにおける目標は、コンバージョンを計測に必要なものです。
正しい設定方法を知っておくことで、よりホームページの目的を達成ができます。
今回は、Google Analyticsでの「目標」の設定と確認方法について解説します。

目標とは?

Google Analyticsにおいて、ホームページ上でユーザーに達成してもらいたい行動のことを「コンバージョン」または「目標」と言います。
例を挙げると、会員登録の完了、商品の購入、お問い合わせの完了などを設定します。
これらは、自ら設定をしておかないと、計測ができないので、Google Analytics上で設定をする必要があります。
また、設定方法や確認方法を正しく理解しておき、有効に活用できるようにしましょう。

目標の設定方法

まずは、Google Analyticsのサイトより、目標の設定画面の「ビュー」から「目標」を選択します。
次に、その中にある、「新しい目標」をクリックして、目標を設定していきます。
目標の設定には、マッチするものを選択する「テンプレート」と、自ら詳細を設定する「カスタム」が存在します。
「テンプレート」の中に目的に合うものがない場合には、「カスタム」での設定を行うようにしましょう。

設定項目

目標の説明

「名前」には任意のものを設定します。
「目標スロットID」は、目標の番号を設定するためのものなので、必要であれば適宜変更を行いましょう。
「タイプ」は、目標がどのようなものであるのについて設定するものです。
こちらも、合うものを選ぶようにしましょう。
本記事では、最も設定する機会の多い、「到達ページ」にした際の手順について、解説を進めて行きます。

目標の詳細

「到達ページ」には、目標を達成したときの、ページのURLを設定します。
「値」では、1回目標を達成することによる、金額を設定します。
これによって、レポートを見る際に価値の分析ができるようになるため、設定をしましょう。
「目標到達プロセス」は、「到達ページ」にたどり着く前に通るページを設定します。
これを設定すると、途中で脱落したユーザーが、どこで脱落したのかを発見し、確認を行うことが可能です。

目標の確認方法

目標の確認は、それぞれの項目のレポートを見ることによって行います。
どれだけの数が到着ページにたどり着いているのか、たどり着けなかったユーザーはどこでページを離れてしまったのかなどを細かく確認できます。
これらは、正しい目標設定やプロセスの設定ができていないと分からないので、しっかりと手順を確認しましょう。

まとめ

今回は、Google Analyticsでの「目標」の設定と確認方法について解説しました。
目標がなぜ重要であるのかはお分りいただけましたか。
Google Analyticsで目標を有効活用することで、ホームページの目的を達成する確率をあげることができるかもしれません。
正しい活用方法を理解して、より良いサイトを作れるようにしましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。