記事を書く人必見!注意する必要がある著作権についてご紹介 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.8.8

記事を書く人必見!注意する必要がある著作権についてご紹介

記事を書くときには、著作権に注意する必要があります。
著作権について知らないまま記事を書くと、法律に引っかかっていたということになりかねません。
今回の記事では、記事を書く際の注意すべき著作権についてご紹介します。



そもそも著作権とは

著作物を他人に使用させる許可を与えたり、著作物を財産として所有したりすることのできる権利のことです。
著作権は、特に登録をしなくても、著作物を作成すると発生しますが、正式な著作者であると証明したい場合は、文化庁で登録できます。
個人の著作物の場合、著作権は死後50年を過ぎると適用されなくなります。
自分の考えや気持ちを作品として表現したものを「著作物」、著作物を創作した人を「著作者」と言います。
著作権制度は、著作者の努力に報いることで、文化が発展することを目的としています。

注意すべきこと

引用部分を区別する

ここからここまでが引用部分だとわかるように、その他の文章と明確に区別できるようにする必要があります。
引用されている文章に鍵かっこなどを付けるようにしましょう。

引用はあくまでも補足的内容

他人の著作物を引用するときには、話の内容的にも文字数的にも、自分のオリジナルの文章がメインであり、引用はごく一部でなければいけません。
他人が書いた記事であれば、ほとんどが無断転載とみなされる可能性があります。

他人が撮った写真や画像は使わない

使用の許可がない場合は、他人が撮った写真や画像は使用してはいけません。
どうしても利用したい場合は、著作権フリーのものを使用しましょう。
しかし、フリーといっても気を付けることがあります。
フリーの素材を提供しているほとんどのサイトには、利用規約があります。
その既約に従ったうえで、利用するようにしましょう。

著作権侵害のペナルティ

故意に権利侵害をした場合、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金が科せられます。
また、損害の賠償やアップロードしたファイルの削除など民事的な請求を受けることもあります。
管理侵害については著作者からの訴えがない限り問題にはなりませんが、問題になった場合、信用を失うことになります。

まとめ

今回の記事では、記事を書く際の注意すべき著作権についてご紹介しました。
個人的に、または家族内など、限られた範囲内で仕事以外の目的のために使用する場合は、著作権者の許諾を得ずに著作物の複製や編集などができます。
しかし、私的使用以外の場合は注意しなければなりません。
著作権を侵害してしまうと、罰則を受けるだけでなく、ライターとしての信用も失われます。
よって、記事を書く際には、著作権に十分注意するようにしましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。