WEB集客でのコピーコンテンツ対策とは?重複を避ける方法を解説します! | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2020.11.29

WEB集客でのコピーコンテンツ対策とは?重複を避ける方法を解説します!

WEB集客をお考えなら、コンテンツを制作したことがある人も多いと思います。
その際、他の記事を参考にすることも多いでしょう。

ここで注意すべきことはコピーコンテンツになっていないかということです。
なぜなら、放っておくとSEO対策に悪影響を与えてしまうからです。
今回はコピーコンテンツについてご説明します。

コピーコンテンツとは

コピーコンテンツとは、他のサイトと同じ、あるいは似たコンテンツを指します。
インターネットには膨大な情報が溢れているため、意図せず他のサイトと似ることもあるでしょう。
そのため、全てがNGになるわけではありません。
Googleが許容しているものと、NGになるものに分けられます。

まず、Googleが認めている例をご紹介します。
他のサイトの一部を抜き出し、「参考サイト」としてURLを載せているもの、同じ情報ではあるが、構成や言い回しが違うもの、他のサイトの情報を修正、補足しているものです。
これらのコンテンツはGoogleが認めているため、問題ありません。

次に、許容範囲外の例をご紹介します。
例えば、他のサイトをコピペし、参照先を載せていないもの、文章の語尾だけを変えたもの、コピーコンテンツで制作されたものなどが挙げられます。
このように、意図的であったり、他サイトとあまりにも似すぎていたりするとSEO対策に問題が生じるでしょう。
最悪の場合、Googleのペナルティを受けるかもしれません。

コピーコンテンツが一概に悪いというわけではなく、許容されるものとそうでないものがあるということを知っておきましょう。

コピーコンテンツによって生じる問題点とは

コピーコンテンツの存在は、SEO対策に悪影響を与えます。
そこで、生じる問題点を4つご紹介します。

まず、検索結果に表示されないことでしょう。
実はGoogleでは、似たサイトを2つ以上表示しないようにしています。
これは、できるだけ多くの情報を利用者に提供するためです。
特に、既に情報量の多いキーワードで対策しているのであれば、オリジナリティがないと判断され、検索結果に表示されないことも多いです。

検索結果に表示させるためには、他のサイトよりも価値のある情報を提供したり、差別化したりする必要があるでしょう。

次に、検索順位が下がることでしょう。
Googleからの評価が下がると、検索順位も下がります。
上記で述べたように、Googleは似たコンテンツが2つ以上存在する場合、より価値があると判断したサイトを表示させます。
独自性に欠け、他のサイトと差別化できていなければ、検索順位が下がってしまう可能性があります。

次に、参考にしたサイトの制作者に指摘されることもあるでしょう。
全く同じ内容でなければ認められる場合もありますが、内容が似すぎているものや、コピペしているものは、削除依頼を受けるかもしれません。
相手の立場になって考えると、自分のものをそっくりそのまま使われていることに不快感を覚えるのも理解できますよね。
他のサイトから指摘されないように気をつけることはもちろん、削除依頼を受けた場合はすぐに消し、誠実な対応を心がけましょう。

最後に、サイトの評価が下がってしまうことでしょう。
Googleが実施している検索結果の品質を高めるための対策は、継続的にアップデートされています。
検知の精度が上がっており、似たコンテンツを表示しても利便性がないとみなされる可能性が高いです。

また、同じサイト内でコピーコンテンツがある場合、複数のURLが存在します。
すると、本来貰えるはずの評価が複数のサイトに分散され、サイトの評価が下がってしまうという可能性も考えられるでしょう。

コピーコンテンツか否かを確認する方法とは

自社のサイトであれば、他のものをコピぺをしていることは少ないでしょう。
気をつけるべき点は、意図せずコピーコンテンツになった場合です。
インターネットには莫大な情報量があるため、偶然被ってしまうことも多いでしょう。
そこで、重複しているサイトの有無を確認する方法をご紹介します。

まずは、タイトルを確認することでしょう。
ご存知の通り、タイトルとは検索結果に表示される一番大きな部分のことです。

Googleは、同一のタイトルのサイトを作らないようにと注意を促しています。
もし同じタイトルのサイトが複数あると、利用者が混同してしまう恐れがありますよね。
利用者の混乱を防ぐために、上記の方針を定めています。
まずは、自社のサイトのタイトルが他のサイトのものと被っていないことを確認しましょう。

次に、Google Search Consoleのカバレッジを確認することです。
Google Search Consoleとは、Google検索結果での自社サイトのパフォーマンスを管理できるツールです。
コピーコンテンツを簡単に見つけられるので、WEB集客をお考えの方はぜひ利用してみましょう。

重複しているサイトがあると、カバレッジで「除外」に表示されます。
「除外」の部分をクリックすると、重複しているページの数を確認できます。
さらに「重複しています。」というメッセージをクリックすると、該当ページが表示されるようになるため、すぐに重複しているサイトを見つけられるでしょう。

最後に、「site:検索」をしてみることです。
「site:検索」とは、site:の後にURLを入力し、キーワードを検索することです。
この方法により、特定のURLのWebサイトを検索できます。
自社サイトのURLをsite:検索することで、検索キーワードが含まれるページの一覧を見られるでしょう。

検索結果を細かく見ていくと、自社のサイト内でタイトルや内容が被っているサイトが見つかることがあるかもしれません。

以上の3つの方法で、コピーコンテンツであるかどうかを確認することが可能です。
Googleのペナルティ対象になることは少ないですが、もし見つかった場合はすぐに対応できるようにしておくことをおすすめします。

コピーコンテンツの対策法とは

では、どのように対策すれば良いのでしょうか。
主な対策法を3つご紹介します。

1つ目は、URLを正規化することです。
同じサイトに複数のURLが存在している場合、URLを統一することをURLの正規化と言います。
URLの正規化の手法には2つあります。

まず、301リダイレクトが挙げられるでしょう。
これは、検索エンジンに対して、URLが移動したことを認識させる方法です。
新しいページを公開するのではなく、既存のページを移転して引き継ぐことが目的なので、前のサイトの評価も受け継げます。
そのため、SEO対策の面でも安心でしょう。

次に、canonicalタグによる正規化です。
301リダイレクトができない場合は、この方法で正規化をします。
統一するURLを決めたら、それ以外のコンテンツのlinkタグ内のrelにcanonicalを記述することで、正規化が行えるでしょう。

2つ目は、アノテーションを行うことです。
アノテーションとは、PCやスマホなどの各デバイスに対して作られた別のURLが存在するということを検索エンジンに伝える方法です。
PC用のページにはrelにalternateを記載し、スマホ用のページがあることを伝える、また、スマホ用のページにはcanonicalを記載し、PC用のページが正規のURLであることを伝える、という形になります。

3つ目は、コンテンツを削除することで、最も手っ取り早く有効な対策法と言えるでしょう。
ページを削除することに抵抗がある場合は、metaタグのcontentにnoindexと書くと、検索結果に表示されないようになります。

まとめ

コピーコンテンツについて理解していただけましたか。
理解しておかないと、SEO対策をする上で、様々な問題を引き起こしてしまいます。
当社は自社ライターを活用しており、コピーコンテンツ対策も万全ですので、少しでもお悩みやご相談ごとがございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。

ブログ更新代行・記事作成代行サービスなら
Reach@におまかせください!

Reach@とはHPから御社の見込み客を収集するためのコンテンツ企画代行で、見込み客のニーズに合った文章を作成し、その文章をホームページ上に年間約10万文字アップしていき、ブログから集客をしていく内容になります。

□ブログ更新・SEO対策ならおまかせ!

実際御社でもこのようなお悩みはありませんでしょうか?
・HPからの集客がうまくいっていない
・ブログをやった方がよいといわれているが、忙しくてなかなか更新ができていない
・ブログ更新をしているが、どのような記事を書いたらいいかわからない
・記事外注を依頼したことがあるが、成果が出なかった
・WEB集客をしたいが、まず何から始めたら良いかわからない

ホームページへの入り口を多く増やしていくことで、HPにより多くのアクセスを生んでいくことができます。その入り口を増やしていくのが、「Reach@」です。ただ単にブログ更新をしていくのではなく、潜在的なニーズを持ったお客様により的確な問題解決方法やお役立ち情報を定期的にお届けしていきます。定期的に更新を行っていくため、Googleの検索エンジン、SEO対策もばっちりです。こまめなブログ更新で情報発信していけば、HPへのアクセスも格段にアップすることができます。

□なぜ問題解決型のブログ更新が重要なのか

実際に世の中の商品やビジネスのほとんどは「問題解決」するための商品やビジネスです。例えば、外壁塗装は「家の外壁がはがれてきている」という問題を解決するビジネスです。その他にも結婚相談所が解決するのは「結婚したいが、相手がいない」という問題解決、鍼灸・整体・マッサージが解決するのは「腰が痛い」という問題解決、リフォームが解決するのは「生活環境をよりよくしたい」という問題解決するためのビジネスになります。

上記問題を解決するために、お客様はお金を払うため、ブログ記事を作るときも、お客様がどんな悩みや問題を抱えていて、御社の商品やビジネスがその問題をどのように解決できるのかという部分に焦点を当ててブログを書いていくことが重要になります。そうすることによって、御社の見込みとなるお客様をホームページに集めてくることができるのです。

□WEB集客で成果を出していくために重要なこと

そのため、当社ではまずサイトの無料診断を受けていただき、御社が取るべき戦略をご共有させていただきます。その内容を資料にまとめ、担当から30分~1時間程度お時間をいただきまして詳しくご説明させていただいております。

このような取り組みを行った結果、
・1か月のPV数が10倍近く増えた
・お問い合わせ数が3倍に増えた
・狙っていきたいSEOキーワードが1位を獲得できた
などの実績もございます。

当社は自社ライターを活用しており、”コピーコンテンツ対策”も万全ですので、
「実際にどのような記事を書いていくのか見てみたい」、
「どのような事例・成果があるのか知りたい」、
「当社にはWEB集客においてどのような戦略で取り組んでいけば良いのか知りたい」
など少しでもお悩みやご相談ごとがございましたら、まずはお気軽にご相談くださいませ。

  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとって自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報に回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。当社ではSEOの専門家が独自のツールを用いて、現状のサイト流入状況の把握、競合比較、最近のSEOトレンドの把握などを定期的なお打ち合わせを通して行っております。そのため、他社にはない、定期的な改善やGoogleのアルゴリズムアップデートに対しても対応することが可能です。どのようなキーワードを上げることで集客につながるのかや競合の流入状況やWEB上での対策内容を把握することで、御社の会社としてのWEBまわりの方向性も定めることができます。当社の担当がお客様のビジネスモデル、事業内容の把握や他社と比較したときの強み、かけることができる費用などをお伺いすることで、最小限のコストでWEB集客を成功することができる内容をご提案・支援させていただきますので、お気軽にご相談ください。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。例えば、これから住宅を建てようと考えている方は、「住宅ローンはどうやって組めばよいのだろうか?」「間取りを決める際に注意しておくべきことはなんだろう?」「両親のことも考えて二世帯住宅なども検討しているが、どのような障壁があるか?」など悩むポイントは多種多様です。現在Googleで検索する方のおよそ85%の方がこのような情報収集型の検索といわれており、「大阪 注文住宅」のようなすでに大阪の地域で注文住宅を建てようと考えているいわゆる購入型の検索の5%と比較すると検索している方の数が圧倒的に違うことをお分かりいただけると思います。今すぐに住宅を購入したい方向けのコンテンツだけでなく、これから住宅を建てようと考えられているいわゆる潜在層のお客様からのアクセスを増やしていくことで、全体のアクセスを増やしていくことが可能になります。そのためにも自社が発信していきたい内容だけではなく、お客様が悩んでいる内容を発信していくことが重要なのです。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名近くの京阪神・関関同立・産近甲龍などの意識が高い優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロに近いレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、最初に社内に入ってきた際にライティングテストに合格しなければいけません。記事を作成した後にコピペチェックを導入したり、社員やマネージャーからの教育を徹底しているため、記事クオリティの担保や幅広いジャンルの記事の執筆、インターン生の成長を促しております。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現できており、様々な業種や企業様の実績を残すことができております。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事専門外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、見出し・カテゴリーの設定を追加料金などはなく、更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業や管理も全てお任せ頂けるからこそ、本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。継続的なコンテンツ更新が重要といわれている昨今このように企画→企画書の確認→記事執筆→校正→記事の確認→投稿→成果測定を行うコンテンツ更新が必須となってきております。特徴といえるのが、お客様の確認を間にいれさせていただくことにより、記事の品質を担保するだけでなく、月ごとに対策を行っていくことで、お客様からの要望やメディアとしての運営に近い形でご利用いただくことも可能になります。オプションにて画像やイラストの挿入もさせて頂きます。