オウンドメディアの目的とは?運用前に知りたい注意点を紹介します | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2021.2.7

オウンドメディアの目的とは?運用前に知りたい注意点を紹介します

オウンドメディアの運用を始めようか検討されている方は多いでしょう。
しかしその中には、内容が難しく感じるため、運用の開始には至っていない方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そこで今回は、オウンドメディアの目的と注意点について紹介します。

オウンドメディアとは

まず、オウンドメディアとは何かについて紹介します。
オウンドメディアとは、自社が保有するメディアを指します。
具体的な例としては、自社のサイトやブログ、パンフレット、SNSなどがあります。
一般的に、企業が自社で発信しているWebサイトをオウンドメディアとすることが多くあります。
こちらの方法が特に注目されている理由としては以下の2つが挙げられます。

1つ目は、自社の資産となることです。
今までは、企業が情報を与える媒体としては広告などが主流とされてきました。
しかし、スマートフォンやさまざまなSNSが普及した現在では、それらの方法の効果が薄れており、支払うコストに見合った効果を得ることは難しくなっています。
このように、利用者を取り巻く環境が変化したことで、利用者から情報を求めてコンテンツを検索することが容易になっています。
そのため、広告などにお金をかけずとも利用者の流入が見込めるコンテンツであるオウンドメディアが注目されています。
こちらは運営を継続することで自社の資産となり、費用対効果も大きいことも注目を集める要因となっています。

2つ目は、SNSによりコンテンツの重要性が増加していることです。
先程も説明したように、近年はスマートフォン、SNSが急速に普及しています。
利用者自身での情報収集が容易になりましたが、利用者からの情報の再発信も容易になりました。
そのため、企業側は利用者に興味を与えるコンテンツを与えることで、企業の情報をさらに発信してもらえる機会を得たことになります。
広告などの媒体では口コミ程度の広まりはあるものの、情報の再発信の機会を得ることは難しいですよね。
このように、オウンドメディアを利用することで、今まで以上の効果が期待できるため注目が集まっています。

オウンドメディアの役割とは

次に、オウンドメディアの役割を4つ紹介します。

1つ目は、集客です。
オウンドメディアの最大の役割は集客ですよね。
こちらは、利用者に情報を与えられる媒体ですので、大きな集客が得られます。
こちらの媒体の特徴は、多種多様なコンテンツを多く生産できるということです。
そのため、幅広い利用者に自社の概要や提供している商品などを周知してもらえますね。
また、リードを集めた後にプロモーションなどに繋げることもできます。
このように限定的ではなく、広い範囲で無数の利用者の集客を獲得することが可能です。

2つ目は、ブランディングです。
見込み客から顧客になる際や、顧客からファンにするために欠かせないのがブランディングですよね。
自社の好感度や信頼度を獲得することや自社にプラスのイメージを持ってもらいたいと考える企業は多いのではないでしょうか。
このような要望を持っている企業は、こちらをうまく活用することでこれらの要望を叶えられるでしょう。
SNSを活用することでもブランディングは可能ですが、こちらを併用する形で活用することでさらなる情報の発信を通じてブランディングすることが可能です。

3つ目は、販売促進です。
ものを購入する際には、購入する商品の情報を調べてから購入を検討しますよね。
購入者へ情報を提供することで、購入者への窓口を提供することもこちらの役割の1つです。
他にも、商品や製造のこだわりについて理解してもらうことや、見込み客へのアピールの場としても活用できます。
また、今までの購入者のレビューや、体験談などを掲載すると購入を検討している方へのさらなる後押しとなるでしょう。
このように、商品についての情報を掲載することや自社の製品について紹介することでさらなる売り上げの向上を促すこともこちらの役割になりますね。
今までの購入者のレビューや、体験談などを掲載すると購入権当社への後押しとなるでしょう。

4つ目は、広報活動や採用強化です。
こちらは消費者へ限定したものではなく、企業の存在を周知してもらうことや就活生に対しての周知を得ることもできます。
近年では、こちらを活用した広報、採用活動する企業は増加傾向にあります。
こちらのメディアを活用する利点は、無数にいる相手の目に触れる可能性があることです。
そのため、さまざまな立場の方が自社のコンテンツに触れる可能性があります。

商品の購入の場合も就職活動の場合も最初のステップで重要になるのが、自社を知ってもらうことですよね。
その点において、こちらのメディアは利点を最大限に生かしているといえます。
自社の存在について知らない方に知ってもらいたい場合や、自社の活動について多角的にアピールしたい場合などには、こちらのメディアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

オウンドメディアを運用する際の注意点とは

最後に、オウンドメディアを運用する際の注意点を3つ紹介します。

1つ目は、戦略の設計です。
先程も紹介したようにこちらのメディアは、多くの方の触れるものです。
多くの方に自社の内容を知っていただけることは利点となりますが、時には不利益を被る場合があります。
利用者が自社の運営するコンテンツに触れた際、良い印象だけでなく悪い印象を持たれることもありますよね。
このように自社にとってデメリットとなるものにしないためには、しっかりとした戦略が必要になります。

具体的には2つあり、ターゲットの決定と方向性の確立です。
ターゲットを決定することで、提供するコンテンツの内容や掲載する情報の選択などが容易になりますよね。
また、獲得したい成果に関してもターゲットを定めることでよりはっきりと確認できるでしょう。
方向性の確立とは、自社の提供するコンテンツの方向性を固め、どのようなデザインや手法で運営していくか決めることです。
多くの情報が散乱している状態では、利用者の方に良い印象を抱いてもらうことは難しいですよね。
ターゲットの決定と重なりますが、方向性を確立することで結果を効率的に獲得できるでしょう。
自社にとって有益なものにするには、しっかりとした戦略を練ることが重要なポイントとなります。

2つ目は、継続的な運用です。
一見当たり前のことのように思えますが、意外に難しいポイントが運営の継続です。
コンテンツの数が多いことは自社への信頼へと繋がります。
対して、更新頻度が低いと情報の信頼性が下がってしまうだけでなく、自社へのマイナスのイメージにも繋がりかねません。
効果的なオウンドメディアでは、コンテンツ数が多く、高い更新頻度が継続して維持されています。

しかし、ただコンテンツを更新し続けるだけでなく、質の高いコンテンツを更新し続ける必要があります。
このように、定期的な更新を続けることで利用者からの信頼だけでなく、検索エンジンからの良い評価も獲得できます。
良い評価を獲得することで、検索上位に表示される機会が多くなります。
そうなると、得られる成果もより向上すると考えられます。
コンテンツ数と更新頻度に加えて、内容の質にも注意して継続的な運用することが、結果を得るための重要なポイントとなっています。

3つ目は、分析と改善です。
すべてのオウンドメディアが成功しているわけではありません。
提供したコンテンツでは思っている結果を得られない場合は、改善が必要になります。
改善する際には、まずアクセスの解析ツールなどを利用し利用者の傾向などを分析します。
それにより利用者の求めているコンテンツや潜在的な問題点を確認できます。

分析、改善のステップをせずに継続して運営していては現状が続いてしまうため、さらなる効果は結果できないでしょう。
そのため、分析により利用者の要望や問題点を確認し、改善して更新するといったサイクルを構築することで、より良いオウンドメディアを作り上げられます。

まとめ

今回は、オウンドメディアの目的と注意点について紹介しました。
これから運営を開始しようと検討している方に、今回の記事が参考になれば幸いです。
また、その際は紹介したようなポイントに注意して運営するようにしましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。

ブログ更新代行・記事作成代行サービスなら
Reach@におまかせください!

Reach@とはHPから御社の見込み客を収集するためのコンテンツ企画代行で、見込み客のニーズに合った文章を作成し、その文章をホームページ上に年間約10万文字アップしていき、ブログから集客をしていく内容になります。

□ブログ更新・SEO対策ならおまかせ!

実際御社でもこのようなお悩みはありませんでしょうか?
・HPからの集客がうまくいっていない
・ブログをやった方がよいといわれているが、忙しくてなかなか更新ができていない
・ブログ更新をしているが、どのような記事を書いたらいいかわからない
・記事外注を依頼したことがあるが、成果が出なかった
・WEB集客をしたいが、まず何から始めたら良いかわからない

ホームページへの入り口を多く増やしていくことで、HPにより多くのアクセスを生んでいくことができます。その入り口を増やしていくのが、「Reach@」です。ただ単にブログ更新をしていくのではなく、潜在的なニーズを持ったお客様により的確な問題解決方法やお役立ち情報を定期的にお届けしていきます。定期的に更新を行っていくため、Googleの検索エンジン、SEO対策もばっちりです。こまめなブログ更新で情報発信していけば、HPへのアクセスも格段にアップすることができます。

□なぜ問題解決型のブログ更新が重要なのか

実際に世の中の商品やビジネスのほとんどは「問題解決」するための商品やビジネスです。例えば、外壁塗装は「家の外壁がはがれてきている」という問題を解決するビジネスです。その他にも結婚相談所が解決するのは「結婚したいが、相手がいない」という問題解決、鍼灸・整体・マッサージが解決するのは「腰が痛い」という問題解決、リフォームが解決するのは「生活環境をよりよくしたい」という問題解決するためのビジネスになります。

上記問題を解決するために、お客様はお金を払うため、ブログ記事を作るときも、お客様がどんな悩みや問題を抱えていて、御社の商品やビジネスがその問題をどのように解決できるのかという部分に焦点を当ててブログを書いていくことが重要になります。そうすることによって、御社の見込みとなるお客様をホームページに集めてくることができるのです。

□WEB集客で成果を出していくために重要なこと

そのため、当社ではまずサイトの無料診断を受けていただき、御社が取るべき戦略をご共有させていただきます。その内容を資料にまとめ、担当から30分~1時間程度お時間をいただきまして詳しくご説明させていただいております。

このような取り組みを行った結果、
・1か月のPV数が10倍近く増えた
・お問い合わせ数が3倍に増えた
・狙っていきたいSEOキーワードが1位を獲得できた
などの実績もございます。

当社は自社ライターを活用しており、”コピーコンテンツ対策”も万全ですので、
「実際にどのような記事を書いていくのか見てみたい」、
「どのような事例・成果があるのか知りたい」、
「当社にはWEB集客においてどのような戦略で取り組んでいけば良いのか知りたい」
など少しでもお悩みやご相談ごとがございましたら、まずはお気軽にご相談くださいませ。

  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとって自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報に回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。当社ではSEOの専門家が独自のツールを用いて、現状のサイト流入状況の把握、競合比較、最近のSEOトレンドの把握などを定期的なお打ち合わせを通して行っております。そのため、他社にはない、定期的な改善やGoogleのアルゴリズムアップデートに対しても対応することが可能です。どのようなキーワードを上げることで集客につながるのかや競合の流入状況やWEB上での対策内容を把握することで、御社の会社としてのWEBまわりの方向性も定めることができます。当社の担当がお客様のビジネスモデル、事業内容の把握や他社と比較したときの強み、かけることができる費用などをお伺いすることで、最小限のコストでWEB集客を成功することができる内容をご提案・支援させていただきますので、お気軽にご相談ください。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。例えば、これから住宅を建てようと考えている方は、「住宅ローンはどうやって組めばよいのだろうか?」「間取りを決める際に注意しておくべきことはなんだろう?」「両親のことも考えて二世帯住宅なども検討しているが、どのような障壁があるか?」など悩むポイントは多種多様です。現在Googleで検索する方のおよそ85%の方がこのような情報収集型の検索といわれており、「大阪 注文住宅」のようなすでに大阪の地域で注文住宅を建てようと考えているいわゆる購入型の検索の5%と比較すると検索している方の数が圧倒的に違うことをお分かりいただけると思います。今すぐに住宅を購入したい方向けのコンテンツだけでなく、これから住宅を建てようと考えられているいわゆる潜在層のお客様からのアクセスを増やしていくことで、全体のアクセスを増やしていくことが可能になります。そのためにも自社が発信していきたい内容だけではなく、お客様が悩んでいる内容を発信していくことが重要なのです。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名近くの京阪神・関関同立・産近甲龍などの意識が高い優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロに近いレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、最初に社内に入ってきた際にライティングテストに合格しなければいけません。記事を作成した後にコピペチェックを導入したり、社員やマネージャーからの教育を徹底しているため、記事クオリティの担保や幅広いジャンルの記事の執筆、インターン生の成長を促しております。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現できており、様々な業種や企業様の実績を残すことができております。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事専門外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、見出し・カテゴリーの設定を追加料金などはなく、更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業や管理も全てお任せ頂けるからこそ、本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。継続的なコンテンツ更新が重要といわれている昨今このように企画→企画書の確認→記事執筆→校正→記事の確認→投稿→成果測定を行うコンテンツ更新が必須となってきております。特徴といえるのが、お客様の確認を間にいれさせていただくことにより、記事の品質を担保するだけでなく、月ごとに対策を行っていくことで、お客様からの要望やメディアとしての運営に近い形でご利用いただくことも可能になります。オプションにて画像やイラストの挿入もさせて頂きます。