コピーコンテンツ対策も万全!Reach@の記事は完全オリジナルです | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.1.23

コピーコンテンツ対策も万全!Reach@の記事は完全オリジナルです

「お手軽価格の記事代行業者に頼んだことがあるけど、質が悪くて…」

「お役立ち情報ブログはたまに書くけど、コピペなんかしないし」

このように自社のブログ記事をお持ちのみなさん、コピーコンテンツ対策は万全でしょうか?

業者に頼むより、自社でブログ記事を作成した方が安心だと思われる方も多いかもしれません。

そこで今回は業者に依頼することに懐疑的なみなさんに、Reach@の記事はコピーコンテンツ対策も万全な完全オリジナルであることをお伝えいたします。

 

コピーコンテンツ対策を行う理由

ブログ BLOG Blog blog BLOG blog ぶろぐ イメージ ログ ウェブ web ネット インターネット net サイト 背景 素材 背景素材 壁紙 壁 バック 下地 フォーマット タイトル ビジネス 資料 記事 ホームページ バナー web素材

コピーコンテンツ対策を行うべき理由は、SEO対策です。

みなさんが文章を書くとき、知らない情報はネットから知識を得ますよね。

その際、記事をコピーアンドペーストしていなかったとしても、内容や文章の言い回しが似ていれば、コピーコンテンツとしてクローラーに判断されてしまいます。

お役立ち情報を提供するようなブログだと特に、知らず知らずのうちに他サイトとコンテンツが被ってしまうことがあります。

そしてこのコピーコンテンツを多くに含む記事は、質の悪い記事だと判断されます

せっかくの記事が低いSEO評価を受けてしまい、結果的に検索上位に表示されにくくなってしまうのです。

このような事態を防ぐためにも、コピーコンテンツ対策は必須だと言えます。

 

Reach@のコピーコンテンツ対策が万全なワケ

Reach@では前提として、まず他サイトの記事をコピーアンドペーストしたような粗悪な記事は提供いたしません。

それに加え質の良い記事を提供するためのいくつかのルールを、Reach@の記事執筆に関わる全てのメンバーが共通で認識しています。

 

全記事コピペチェックツール使用

オンリーワン 唯一 一人 オリジナル ONLYONE OnlyOne Onlyone onlyone ナンバーワン 独自性 個性 個の力 唯一無二 背景 素材 背景素材 人間 価値 貴重 存在 バック 人生 一つ 一つだけ 1つ 1つ 能力 才能 カリスマ 孤高

1記事ずつコピペチェックツールを使用し、基準値を満たしていないものは記事を作り直します。

このコピペチェックツールは、記事を執筆するライターはもちろん、記事を公正する編集部も使用します。

つまり二重のコピーコンテンツ対策を行っているため、すべての記事が質の高い記事であることが保証できます。

 

コピーコンテンツ対策以外のチェックも怠りません

記事の執筆は、アナリストチームによって作成された企画書沿って行われます。

このため内容にブレが生じず、なおかつ効果的な記事が執筆できます。

そしてライターの執筆した記事は、後に編集部のチェックを経てから納品いたします。

編集部では誤字脱字のチェックテーマと内容のズレがないか記事の事実確認クライアントの意向に反した記事ではないかなどの確認を行います。

こうしてチェックを経た記事がみなさまの記事となり、企業のブログ記事として多くのユーザーの目に触れるようになるのです。

 

さいごに

記事を書くのはまだしも、完全なオリジナル記事を書き続けるのは案外コストがかかるものです。

ブログ記事でお悩みの際は、ぜひReach@にご相談ください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。