iPhoneでここまで出来る!画像加工アプリでアイキャッチを作ろう | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.7.15

iPhoneでここまで出来る!画像加工アプリでアイキャッチを作ろう

ブログ作成を始めると、「アイキャッチ」という言葉を耳にするようになるのではないでしょうか?アイキャッチとは、ブログに誘導するための画像です。読者に記事を読ませるための広告の役割を果たします。

しかしながら、人の目を引く画像を作るとなるとハードルを高く感じてしまう人もいると思います。そこで、今回はより簡単に人の目を引くことのできるアイキャッチの作り方をご紹介したいと思います。

デザインなどやったことがない…アイキャッチを作ったことがない…そんなひとにおすすめのアプリが「Canva」です。無料で簡単にアイキャッチ作成ができます。

https://apps.apple.com/jp/app/canva-%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC-%E3%83%9D%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89-%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%BC-%E6%8C%A8%E6%8B%B6%E7%8A%B6%E3%81%AE%E3%83%87%E3%82%B6%E3%82%A4%E3%83%B3/id897446215

Canvaは、オーストラリア発のグラフィックデザインツールです。

5年ほど前に開発され、近年、日本語版がリリースされました。

簡単なテンプレートも数多く取り揃えられており、素材も豊富に取り揃えられています。

「Canva」の良いところは、アプリでもWebでも作成できることです。じっくり自宅で作ることも電車の中などの隙間時間で手軽に作成することも可能です。

「Canva」のメリット
  • 無料で使用できる
  • アプリなのでどこでも作成できる
  • 画像の検索が可能

アイキャッチ作成の流れ

①新しい画像を作成

サイズ指定を行い、新規キャンバスを作成します。今回は、「810×450」のサイズで作成を行います。アイキャッチのサイズは、利用する媒体によっても変化するため、自分の用途に合わせて作成しましょう。「Canva」では、サイズもテンプレートでいくつか用意されているのでサイズ感もイメージしやすいと思います。

②背景画像の設定

新規キャンバスを設定すると以下のような画面に移り、画像やカラーで背景を設定できます。カメラロールからも画像を選定できるので、自分が撮影した写真を使用することもできます。記事タイトルに合わせた背景を設定すると記事とのつながりもでて理解のしやすいアイキャッチになります。画像は、検索することもできイメージに合わせて、容易に探すことができます。

③テキスト・素材の設定

背景を設定したら、テキストと素材を用いてアイキャッチを作成していきます。無料で使用できる素材も数多くあるので自分が作成したいアイキャッチの雰囲気に合わせた画像を探していきましょう。テキストも無料で様々なフォントが使用できます。

④フィルターによる加工

フィルター加工によりテキストや素材を加工することも可能です。透明度なども変化させることができ簡単に加工を行えます。

今回は素材のみで図形を作り、以下のようなアイキャッチを作成しました。

まとめ

アイキャッチ作成となるとセンスやデザイン力が必要なのでは?と感じる人も多いと思います。しかし、「Canva」のように簡単にアイキャッチを作るアプリもあるのでアイキャッチ作りをこれから行うまたはハードルを感じている方は、このようなアプリを用いてみると効率的に魅力的なアイキャッチを作成できると思います。早速、アイキャッチを作成してみましょう!

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。