文章のクオリティを1段階あげてくれる、句読点の正しい使い方。 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.9.9

文章のクオリティを1段階あげてくれる、句読点の正しい使い方。

「句読点の正しい使い方が分からない!」

「ブログの文章をもっと読みやすいようにしたい!」

このようなお悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。

句読点の使い方は、文章を読みやすくする上でとても重要なものです。

そのため、正しい使用法を知っておく事で、すぐに文章を読みやすいものにすることができます。

今回は、句読点の正しい使い方について紹介します。

句点の基本ルール

句点は文が長くなりすぎないように適度な長さで区切るために使います。

一文の文字数を50文字程度にすることを意識して、長すぎる文はなるべく作らないようにしましょう。

読点の基本ルール

読点を使う位置には、基本的な5つのルールがあります。

まずは、それらについて、

「私は卵と人気の果物の盛り合わせを買って家に帰った。そして家族で食べた。」

という例文を用いて、紹介します。

1.主語の後に使う

「私は、卵と人気の果物の盛り合わせを買って家に帰った。そして家族で食べた。」

後半部分の「家族で」も主語ですが、その後に続く文章が短い場合あまり使わないという傾向にあります。

2.文の分かれ目に使う

「私は卵と人気の果物の盛り合わせを買って、家に帰った。そして家族で食べた。」

これを正しく使わないと文章の本来の意味が伝わらなくなってしまうこともあるので注意しましょう。

また、文章を実際に口で読み上げてみると、どこに読点を打てば良いのかが分りやすいです。

3.並列関係の単語の間に使う

「私は卵と、人気の果物の盛り合わせを買って家に帰った。そして家族で食べた。」

ここでは「卵」と「人気の果物の盛り合わせ」は並列の関係にあるので、その間に読点を用いています。

また、並列関係の最後の単語の後ろには読点を使わないのが基本的なルールです。

4. 修飾語がかかる場所で使う

「私は卵と人気の、果物の盛り合わせを買って家に帰った。そして家族で食べた。」

「私は卵と人気の果物の、盛り合わせを買って家に帰った。そして家族で食べた。」

前者の場合、「果物の盛り合わせ」が人気であるという意味になります。

後者の場合、人気である「果物」の盛り合わせという意味になります。

このように修飾する言葉が複数ある場合には、読点の位置によって文章の意味が変わってしまうので注意が必要です。

5.接続詞の後に使う

「私は卵と人気の果物の盛り合わせを買って家に帰った。そして、家族で食べた。」

接続詞を使う場合には、基本的に後に読点を使うようにしましょう。

読点の使いすぎに注意

ここまで紹介した読点のルールを全て例文に適用すると、

「私は、卵と、人気の、果物の盛り合わせを買って、家に帰った。そして、家族で食べた。」

となります。

これは、逆に読点を使いすぎていて読みにくくなっていると感じませんか。

このように、ルールを守りすぎて読点を用いすぎてしまうと、読みにくい文章になってしまうので適度な数に抑えるようにしましょう。

基本的には、文章の意味を正しくするためのものを優先し、後は口に出した時に息継ぎをする点から優先的に読点を使うと良いでしょう。

まとめ

今回は、句読点の正しい使い方について紹介しました。

正しい使い方を一度頭に入れて、意識をするだけで文章の読みやすさは上がるでしょう。

ぜひ、実践してみてはいかがでしょうか。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。