言葉選びから表現方法まで、幅広い見出しを生み出す力とは? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.11.8

言葉選びから表現方法まで、幅広い見出しを生み出す力とは?

「記事を書くたびに、見出しを作るのに手間取ってしまう」
「わかりやすい見出しをつけようとするとワンパターンになってしまう」
そのようにお悩みの方はいませんか?
ライターをしていると、一日にいくつも記事を書くことは少なくありません。
タイトルや内容を考えるのに時間がかかるのは自然なことですが、中には見出しがなかなかつけられずに苦労している方も一定数います。
良い記事を効率的に書くためにも、的確な見出しを素早く作りたいですよね。
そこで今回の記事では、見出しを作る際のコツや注意するべきポイントについてご紹介します。

記事の見出しで気をつけるべきポイントはココ!

記事の見出しで気をつけるべきポイントはココ!

記事を書くのに慣れていないうちは、見出しで注意するべきポイントがわからないために手間取ってしまうというケースがよく起こります。
まずは基本的なポイントを抑えるようにしましょう。

タイトルとの関係

タイトルを先につけてから記事を書く場合、見出しがタイトルから乖離していないかどうかよく確認するようにしましょう。
書きたい内容が先行してしまい、タイトルと見出しがずれてしまうと、記事の伝えたい内容もあやふやになってしまう恐れがあります。
見出しを含めてすべて記事を書き終わった後、タイトルと見出しに一貫性があるかを意識してダブルチェックしましょう。

本文との関係

見出しは、その項目の内容を一目で把握できるようにするための重要なポイントです。
そのため、この本文の内容を的確に表せていない見出しは良い見出しとはいえません。
書いた本文を要約するとどうなるのかを考えると、わかりやすく的確な見出しが作れます。

言葉の選び方

見出しに使う言葉次第で、SEO対策につながることもあります。
記事のタイトルは、記事の内容をわかりやすく伝えるとともに人を引き付ける役割があります。
そのタイトルに使われている言葉を見出しの中にも盛り込むことで、さらに対策に効果的なのです。
タイトルに使用している重要な言葉全てを見出しに盛り込めることが理想です。

まとまりを気に掛ける

見出しは、読者が記事の内容をつかみやすくするためにも重要です。
どのタイミングで記事の流れが変わるのか、どこで区切って見出しをつければ読者が欲しい情報を見つける手助けになるのか、文のまとまりを意識しましょう。

アレンジした表現を使う

見出しのマンネリ化を防ぐためにおすすめなのが、見出しにワンフレーズを付け加えることです。
見出しの初めに読者に呼びかけるようなフレーズがあると、より見出しのバリエーションが豊かになります。
しかし、この方法は多用しすぎないことが肝心です。
見出しの役割はあくまでも記事の内容をわかりやすく整理することです。
そのため、すべての見出しにワンフレーズをつけると混乱を招いてしまう恐れがあります。

まとめ

まとめ

今回の記事では、より的確で幅広い見出しを作るために知っておきたいコツや注意点について詳しくご紹介しました。
まずは見出しを作るために意識するべきことを頭に入れておくことで、すんなりと見出しを決められます。
また、いざというところで使える小技を持っておくと、見出しのバリエーションに困った時に有効活用できますよ。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。