運用するには解析から!GoogleAnalyticsとSearch Consoleを連携する必要性と方法 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.12.2

運用するには解析から!GoogleAnalyticsとSearch Consoleを連携する必要性と方法

「サイト運営に必要な、GoogleAnalyticsとSearch Console連携する方法をしりたいな・・・」

「GoogleAnalyticsとSearch Consoleを連携するメリットって何だろう・・・」

ブログや自社サイトを運営する方には、SEO対策に頭を悩ませている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

GoogleAnalyticsとSearch Consoleが、サイト運営やSEO対策に最適なツールであることは存知でしたか。

そこで今回は、GoogleAnalyticsとSearch Consoleを連携する必要性と方法についてご紹介します。

2つのツールを連携する必要性

GoogleAnalyticsとSearch Consoleについて、詳しくはご存知でない方もいらっしゃるのではないでしょうか。

GoogleAnalyticsは、サイトへアクセスするユーザーがどんな人なのか、どういう経路で辿り着いたのか、どのページを表示したのかを明らかにする解析ツールです。

また、Search Consoleは、サイトへの検索結果の状況や、被リンク数、キーワードなどが分かるツールです。

前者がサイトへ流れた後のユーザーのデータを解析するのに有効である一方、後者はサイトに流入する前のユーザーのデータを解析するのに最適です。

これらは共に、集客やSEO対策において必須のツールです。

また、これらのツールを連携すると、GoogleAnalyticsの画面でSearch Consoleを確認でき、分析を同時に行えます。

サイト流入前と流入後のデータを確認でき、ユーザーの動きが分かるようになります。

また、GoogleAnalyticsの機能を使って、Search Consoleのデータを自分のメールアドレスに定期的に送れます。

通常の検索クエリデータは3か月分しか残らないため、全体的なデータを調べたいときに非常に有効です。

2つのツールを連携する方法

次に、2つのツールを連携する方法についてご紹介します。

最初に、GoogleAnalyticsを開き、レポート、集客、Search Console、検索クエリの順に進んでいき、「Search Consoleのデータの共有の設定」をクリックします。

クリックしたことで移動したプロパティ設定の画面で、下にスクロールし、「Search Consoleを調整」というボタンをクリックします。

次に、Search Consoleの設定という画面に移動するので、「編集」をクリックします。

こうすることで、Search Consoleのサイトに移動し、登録されているサイトの一覧が表示されるので、連携したいサイトを選択し保存します。

最後に、「関連付けの追加」というポップアップが表示されるので、「OK」をクリックすればGoogleAnalyticsとSearch Consoleの連携が完了です。

まとめ

今回は、GoogleAnalyticsとSearch Consoleを連携する必要性と方法についてご紹介しました。

ツールの連携に必要な時間は約5分なので、隙間時間にでもできるのが良いですよね。

これら2つのツールはサイト運営や集客、SEO対策において非常に重要なので、連携させることでしっかり使いこなしていきましょう。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、社内ライティングテスト合格しなければいけません。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。