クリック率とは?WEBマーケティングをしたい方に向けて説明します | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2021.1.25

クリック率とは?WEBマーケティングをしたい方に向けて説明します

皆さんは「WEBマーケティングのクリック率が何か分からない」とお悩みではありませんか。
中にはWEBマーケティングを初めてクリック率が上がらないと言う人もいるでしょう。
今回はWEBマーケティングのクリック率は何のことか、上がらない理由と上げるにはどうすれば良いのかを紹介します。

クリック率とは何か?一緒に算出方法も紹介します

クリック率はGoogleやYahooで調べられたときに自分が書いた記事が何回表示されて、そのうち何回が自分の記事をクリックして見たのかを表す指標です。
これは、クリック数(記事が何回見られたか)からインプレッション数(何回表示されたか)を割ってから100をかけると、クリック率がパーセントで分かります。

では、目安はどのくらいになるのでしょうか。
クリック率が変化するのは、検索順位、キーワード、記事説明文、タイトルなどさまざまな項目がありますが、この中で一番目標にしやすいのは検索順位ごとのクリック率です。

これは、調べ物で検索したときにクリックされやすいのはより上位に表示されている記事であることはだいたい感覚的に分かりますよね。
実際に検索順位ごとのクリック率が調査されたときは検索結果が1位は21.2パーセント、2位が10.65パーセント、3位が7.57パーセント、4位が4.66パーセント5位が3.42パーセント、6位が2.56パーセントと検索順位が高ければ高いほどクリックされやすいと言えます。
逆に4位以下では5パーセント以下になるので、一番は検索上位を狙うことですね。

特定の社名やブランドの検索は同じ順位でもクリック率が異なるので一概には言えません。
このように、自分の記事の検索順位は何位なのかをツールで確かめて、上の調査のクリック率と比較し、それよりクリック率が低ければ、タイトルや記事説明文などの検索順位以外の変動要因を改善して、順位に見合ったクリック率を得られるようにすると良いでしょう。

クリック率が上がらないときの理由

上記では、クリック率とは何かを説明しましたが、次はクリック率が上がらないときの理由を2つ紹介します。

まず1つ目はターゲットがずれていることが原因でしょう。
これは記事を書くときに最初にターゲットを決めることが多いですが、書く情報が誰にとって必要な情報なのか、誰に向けて記事を書くのかがずれているということです。
最初の時点でこれがずれていると、そのあとに努力したとしても成果は上がりにくいです。

2つ目はタイトルに目を引かれないことが原因でしょう。
皆さんはインターネットで調べるときにどのようなサイトをクリックしますか。
ほとんどの人はじっくり選ばずにぱっと目に入った自分のほしい情報がありそうなサイトを選ぶでしょう。
このように、一目でどのような情報が掲載されているのかが分かりにくいタイトルを付けている場合や、あまり魅力的に見えないタイトルを付けていることが原因となっている場合があります。

以上の2つから、クリック率が上がらない原因は、調べた人が記事を見るかどうかを判断するタイトルの部分でほしい情報がないと判断された場合や、記事の内容が伝わりにくい場合が多いです。

クリック率を高める方法とは?

ここからは実際にクリック率を上げるためにするポイントを紹介します。
タイトルの訴求点と表現の2つの観点からポイントを見ていきましょう。

まずは訴求点の観点からのポイントです。

1つ目に紹介する訴求点のポイントは記事によって得られる情報でどんな効果を得られるのかということです。
この時に具体的な数字を含むとより説得力が増すでしょう。

訴求点を考えるときによく言われるのに「スコップを売るのではなく、穴を売れ」という言葉があります。
これは、スコップを買う時にはスコップが欲しいのではなく、スコップによって掘れる穴が欲しいんだという意味で使われます。
この言葉の通り、記事を見る人のほとんどは情報が欲しいのではなく、その情報によって得られるメリットが欲しいので、タイトルに得られる情報と、その情報があるとどのような効果やメリットがあるのかを含む必要があるでしょう。

2つ目に紹介する訴求点のポイントは危機感を煽ることです。
危機感を煽ることによって、思わずクリックしたくなるタイトルにするのが狙いです。
例をいくつか挙げると、「このままだと虫歯になります」や「40歳を超えてもまだ準備してないの」などのパターンがあります。
特に日本人は外国に比べて「損をしたくない」という心理の人が多いという研究結果があるので、効果的な方法でしょう。

3つ目に紹介する訴求点のポイントは権威を示すことです。
これは、知名度が高い人や、その業界で権威性がある団体名または、統計機関が集めた統計データや調査結果をタイトルに含むことで、情報の信頼性を示せるでしょう。

分かりやすい例を挙げると、「風邪を引いたときはビタミンCが有効」という事実があります。
この時に、会社の同僚に言われたときと、医者に言われたときのどちらが信用されそうですか。
恐らくほとんどの人が医者に言われたときのほうの信用度が高いと思います。
このように、記事を書く内容の業界で有名な人や機関を出すと信用度が増してクリック率が上昇するでしょう。

次に表現の観点から紹介します。
表現は誰に向けて書くのかを決めたペルソナを活用することが重要になります。

1つ目はペルソナのプロフィールをタイトルに含める方法です。
例えば、「50歳の会社員が簡単に作れる料理を紹介」などのタイトルに記事を作るときに意識したペルソナを含めることで、その境遇にいる人に刺さるタイトルを作れるでしょう。

2つ目はペルソナが普段使いそうな言葉をタイトルに含む方法です。
普段使う言葉はペルソナの年代や性別によって変わります。
例えば年配の方が言う言葉と10代の若者が言う言葉は違いますし、同じ10代でも性別によって使う言葉は違うはずです。
この違いを利用して対象にした年代の人たちへ刺さるタイトルを作成しましょう。

3つめはペルソナが好みそうな口調を使う方法です。
これは、誰の視点から話しているかを表現していて、代表的なパターンが3種類あります。

1つ目はペルソナと同じ境遇にいた人が説明している場合です。
例えば、「普通の人である私がクリック率を上げた方法とは」のようにすると良いでしょう。

2つ目はペルソナとは違う境遇の人が説明している場合です。
例えば WEBマーケター「これでクリック率を上げられますよ」のような方法があるでしょう。

3つ目はコラムのように説明する場合です。
例えば「クリック率が上がらない理由と上げる方法とは」のようなタイトルが挙げられます。

これらのことを意識してタイトルを決めるとクリック率が上がるでしょう。

タイトルだけではなく記事の中身も重要

クリック率ももちろん重要な要素ですが、本来の目的を意識することが大切です。
本来の目的は記事を見てもらい、自社のサービスや物を購入してもらうことにあります。
このことを忘れてクリック率のみを上げてしまうと、表現や訴求点を追いすぎるあまりに商品の購入まではつながらない場合があるでしょう。
そのため、クリック率が目標まで達成できたら、次は商品やサービスの購入につながる割合を上げるのが良いです。

まとめ

今回はWEBマーケティングのクリック率は何のことか、上がらない理由と上げるにはどうすれば良いのかを紹介しました。
クリック率を上げるにはペルソナの求めるものを提供し、記事の対象者にいかに自分に向けられた情報なのかを感じさせることが重要です。
皆さんもクリック率を上げるのに参考にしてはどうでしょうか。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。

ブログ更新代行・記事作成代行サービスなら
Reach@におまかせください!

Reach@とはHPから御社の見込み客を収集するためのコンテンツ企画代行で、見込み客のニーズに合った文章を作成し、その文章をホームページ上に年間約10万文字アップしていき、ブログから集客をしていく内容になります。

□ブログ更新・SEO対策ならおまかせ!

実際御社でもこのようなお悩みはありませんでしょうか?
・HPからの集客がうまくいっていない
・ブログをやった方がよいといわれているが、忙しくてなかなか更新ができていない
・ブログ更新をしているが、どのような記事を書いたらいいかわからない
・記事外注を依頼したことがあるが、成果が出なかった
・WEB集客をしたいが、まず何から始めたら良いかわからない

ホームページへの入り口を多く増やしていくことで、HPにより多くのアクセスを生んでいくことができます。その入り口を増やしていくのが、「Reach@」です。ただ単にブログ更新をしていくのではなく、潜在的なニーズを持ったお客様により的確な問題解決方法やお役立ち情報を定期的にお届けしていきます。定期的に更新を行っていくため、Googleの検索エンジン、SEO対策もばっちりです。こまめなブログ更新で情報発信していけば、HPへのアクセスも格段にアップすることができます。

□なぜ問題解決型のブログ更新が重要なのか

実際に世の中の商品やビジネスのほとんどは「問題解決」するための商品やビジネスです。例えば、外壁塗装は「家の外壁がはがれてきている」という問題を解決するビジネスです。その他にも結婚相談所が解決するのは「結婚したいが、相手がいない」という問題解決、鍼灸・整体・マッサージが解決するのは「腰が痛い」という問題解決、リフォームが解決するのは「生活環境をよりよくしたい」という問題解決するためのビジネスになります。

上記問題を解決するために、お客様はお金を払うため、ブログ記事を作るときも、お客様がどんな悩みや問題を抱えていて、御社の商品やビジネスがその問題をどのように解決できるのかという部分に焦点を当ててブログを書いていくことが重要になります。そうすることによって、御社の見込みとなるお客様をホームページに集めてくることができるのです。

□WEB集客で成果を出していくために重要なこと

そのため、当社ではまずサイトの無料診断を受けていただき、御社が取るべき戦略をご共有させていただきます。その内容を資料にまとめ、担当から30分~1時間程度お時間をいただきまして詳しくご説明させていただいております。

このような取り組みを行った結果、
・1か月のPV数が10倍近く増えた
・お問い合わせ数が3倍に増えた
・狙っていきたいSEOキーワードが1位を獲得できた
などの実績もございます。

当社は自社ライターを活用しており、”コピーコンテンツ対策”も万全ですので、
「実際にどのような記事を書いていくのか見てみたい」、
「どのような事例・成果があるのか知りたい」、
「当社にはWEB集客においてどのような戦略で取り組んでいけば良いのか知りたい」
など少しでもお悩みやご相談ごとがございましたら、まずはお気軽にご相談くださいませ。

  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとって自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報に回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。当社ではSEOの専門家が独自のツールを用いて、現状のサイト流入状況の把握、競合比較、最近のSEOトレンドの把握などを定期的なお打ち合わせを通して行っております。そのため、他社にはない、定期的な改善やGoogleのアルゴリズムアップデートに対しても対応することが可能です。どのようなキーワードを上げることで集客につながるのかや競合の流入状況やWEB上での対策内容を把握することで、御社の会社としてのWEBまわりの方向性も定めることができます。当社の担当がお客様のビジネスモデル、事業内容の把握や他社と比較したときの強み、かけることができる費用などをお伺いすることで、最小限のコストでWEB集客を成功することができる内容をご提案・支援させていただきますので、お気軽にご相談ください。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。例えば、これから住宅を建てようと考えている方は、「住宅ローンはどうやって組めばよいのだろうか?」「間取りを決める際に注意しておくべきことはなんだろう?」「両親のことも考えて二世帯住宅なども検討しているが、どのような障壁があるか?」など悩むポイントは多種多様です。現在Googleで検索する方のおよそ85%の方がこのような情報収集型の検索といわれており、「大阪 注文住宅」のようなすでに大阪の地域で注文住宅を建てようと考えているいわゆる購入型の検索の5%と比較すると検索している方の数が圧倒的に違うことをお分かりいただけると思います。今すぐに住宅を購入したい方向けのコンテンツだけでなく、これから住宅を建てようと考えられているいわゆる潜在層のお客様からのアクセスを増やしていくことで、全体のアクセスを増やしていくことが可能になります。そのためにも自社が発信していきたい内容だけではなく、お客様が悩んでいる内容を発信していくことが重要なのです。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴ライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名近くの京阪神・関関同立・産近甲龍などの意識が高い優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロに近いレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、最初に社内に入ってきた際にライティングテストに合格しなければいけません。記事を作成した後にコピペチェックを導入したり、社員やマネージャーからの教育を徹底しているため、記事クオリティの担保や幅広いジャンルの記事の執筆、インターン生の成長を促しております。そのため、Reach@の記事は質が高く低単価を実現できており、様々な業種や企業様の実績を残すことができております。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事専門外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、見出し・カテゴリーの設定を追加料金などはなく、更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業や管理も全てお任せ頂けるからこそ、本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。継続的なコンテンツ更新が重要といわれている昨今このように企画→企画書の確認→記事執筆→校正→記事の確認→投稿→成果測定を行うコンテンツ更新が必須となってきております。特徴といえるのが、お客様の確認を間にいれさせていただくことにより、記事の品質を担保するだけでなく、月ごとに対策を行っていくことで、お客様からの要望やメディアとしての運営に近い形でご利用いただくことも可能になります。オプションにて画像やイラストの挿入もさせて頂きます。