【外壁塗装】ブログサンプル記事 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.10.24

【外壁塗装】ブログサンプル記事

タイトル:外壁を塗り替えるタイミングってあるの?目安とメンテナンス頻度をご紹介します。

「外壁の汚れや劣化が目立ってきて、塗り替えを検討している」
「塗り替えをしてからきれいな状態を長持ちさせる方法を知りたい」

このような疑問をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

家の外壁は来訪者が一番に見るところなのできれいにしておきたいですよね。

そこで、今回は外壁の塗り替えるタイミングとその後のメンテナンスについてご紹介します。

 

外壁が劣化する原因

*雨・雪

雨の中には、工場が排出するガスを含んでいるものがあります。

そのような雨は酸性雨と呼ばれ、外壁の塗装面を剥がしてしまいます。

それが進行していき、外壁自体を劣化させてしまうケースもあります。

また、豪雪地帯では雪の重みによってヒビが入ったり、割れたりすることもあります。

 

*日光

紫外線を浴び続けた壁を触ると手に粉っぽい汚れが付きます。

これは、紫外線による劣化のサインです。

 

*風

強力な台風によってヒビが入ったり、潮風によって塗装が劣化したりすることがあります。

風が車の排気ガスを運んできて壁に付着して、黒ずんでしまうこともあります。

 

*振動

大通りの近くに住んでいると、トラックの振動が家にまで伝わってくることはありませんか?

振動によっても、外壁は劣化してしまいます。

同様に、子供が壁にボールを当てて遊ぶことも劣化を促進します。

壁内部の傷みは補修が必要です。

外壁の塗り替えと同時に行ってみてはいかがでしょうか。

外壁塗装の足場

 

メンテナンスのタイミング

ヒビや外壁のつなぎ目部分の素材に劣化が見られたら、すぐに塗り替えをしたほうが良いでしょう。

塗り替えに加え、補修も必要となってきます。

これを放置すると、亀裂からの雨の侵入を許すことで壁内部まで劣化させてしまい、建て直しのような大規模工事が必要になることもあります。

そうなってしまったら、外壁塗装の何倍ものお金がかかります。

その他の塗り替えのタイミングとしては、汚れや色あせが目印になります。

普段から外壁を気にかけ、定期的に異常がないか点検してみてくださいね。

さらに、塗料の種類によっても寿命は変わります。

外壁に使用されている材料の多くは、およそ10年が寿命と言われています。

家を長持ちさせるため、タイミングを見て外壁を塗り替えてくださいね。

きれいになった外壁

 

最後に

以上、外壁の劣化と塗り替えのタイミングに関することをご紹介しました。

汚れや劣化を感じていらっしゃるなら、塗り替えタイミングと考えて良いでしょう。

長く住む家だからこそ、メンテナンスをして大切にしてみてはいかがですか?

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。