【注文住宅】ブログサンプル記事 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.10.24

【注文住宅】ブログサンプル記事

タイトル:注文住宅の資金計画の立て方についてご伝授します!

 

マイホームを持つなら、注文住宅にしたいとお考えの方も多いのではないでしょうか。

注文住宅では、理想通りの家を作れることが大きなメリットですよね。

ただ、注文住宅において注意しておきたいのは予算です。

希望やこだわりを詰め込みすぎると、どうしても費用が膨大になるものです。

そこで今回は、注文住宅を建てる際の資金計画の立て方について説明していきたいと思います。

 

資金計画の立て方1:年収から考える

資金計画を練っていくにはどのようにお金を調達・運用していくかが大事になってきます。

最も現実的な資金計画の考え方は「用意可能な予算を決めてから住宅の資金計画を練る」方法です。

もちろん建てる住宅の自由度は下がるかもしれませんが、住宅ローンも無理なく返済できます。

一般的に、ローンの借入額は、「年間返済額が税込み年収の25%以下」になるくらいが安心できるとされています。

家と花

例えば年収400万円の場合、一般的に2200万円~2700万円がローンの借入額の目安となります。

返済が停滞してしまえば、担保となる土地や住居は取られてしまうので、資金計画は無理のない範囲で考えていくことが良いでしょう。

 

資金計画の立て方2:必要な費用を知る

住宅を建てる際には、建物の工事費だけではなく、さまざまな費用がかかります。

そのため、全体費用の内訳を理解しておくことが資金計画の基本となります。

以下はその一例です。

 

・電気やガスなどの付帯工事費用
・引っ越し費用
・火災保険料
・不動産登記費用
・固定資産税、不動産取得税

 

資金計画の立て方3:ローンについて知る

住宅購入の際は、初めに頭金を支払ったのち、ローン返済が始まります。

年収400万円の場合、一般的に月々の返済額は7万円程度・35年ローンというケースが多いです。

全体の費用を理解した上で、頭金にいくら用意できるか考えていきましょう。

頭金が大きいほど今後の返済は楽になりますが、無理のない範囲で用意することが大事です。

一軒家

住宅ローンに関しては、自分の生活費を考慮した上で計算しましょう。

またローンには民間ローンと公的ローンの2つがあるので、両者の特徴を踏まえて選びましょう。

 

最後に

以上、資金計画の立て方についてご紹介してきました。

資金計画には、住宅購入でかかる費用の内訳を知り、どうやって資金調達ができるのか考えていく必要があります。

自分の年収と照らし合わせて無理のない返済額を設定することができれば、安心して新しい住居での生活を楽しむことが出来るでしょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。