Adobeだけじゃない!無料でも使える画像加工ツールを紹介 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.7.29

Adobeだけじゃない!無料でも使える画像加工ツールを紹介

デザインの仕事をしていると、必要になってくるのが画像加工ツールですよね。

画像加工ツールといばAdobeのソフトです。

しかし、Adobeのソフトは有料で高額ですよね。

そこでこの記事では、無料で使える画像加工ツールをご紹介します。

無料で使える画像加工ツールとは

無料

Adobe PHOTOSHOP EXPRESS EDITER

やはり画像加工といえばAdobeですよね。

こちらのツールでは有料のPhotoshopに比べると機能数は少ないですが、色調の補正や切り抜きなど無料では考えられないような機能が揃っています。

画像加工をしたいけど有料のツールは使いたくない、という方にオススメです。

Foter

毎月多くの機能がアップデートされるFoterは無料で使用することができます。

オリジナルのフレームやスタンプなども多く取り揃えられており、十分に画像加工をすることができます。

GIMP

特徴として、機能が充実しており、レイヤーやパスなどの機能が使用でき。

Pixlr Editor

こちらはオンライン上で動作する画像加工ツールです。

日本語対応もしているため、英語が苦手な方でも大丈夫です。

しかし、オンライン上で動作するため、オフラインの場所では使用することができません。

Sumo Paint

パソコンにインストールする必要がなく、Pixlr Editor同様オンライン上で使用できます。

機能面で言うとPhotoshopに似ています。

普段はPhotoshopを使用しているけど、Photoshopがインストールされていないパソコンで編集する必要になった際に役立ちます。

Seashore

こちらはMacでしか使用できない画像加工ツールです。

機能面では他の加工ツールに劣りますが、シンプルな設計となっているため、手軽に使うことができます。

「本当に画像加工だけしたい、他の機能は必要ない」

という方にはオススメのツールとなっています。

Polarr

誰でも簡単に画像加工ができることで人気なのがPolarrです。

一度使用して見れば分かりますが、とても使いやすいソフトです。

befunky

本格的な画像加工を行えるのがbefunkyです。

レイレー追加機能やエフェクト機能など、複雑な画像加工を行いたい人にもおすすめです。

どれが一番おすすめなのか

おすすめポイント

上記では様々な画像加工ツールをご紹介しました。

ご紹介した以外にもツールはたくさんあります。

では、実際にどれがおすすめなのでしょうか。

それは使い手によって異なります。

機能が充実しているソフトでも、簡単な画像加工を行いたい人にとっては使いにくいソフトになり、逆もまた然りです。

加工ツールはたくさんあるため、自分に合うソフトを探してみることをおすすめします。

まとめ

この記事では無料で使える画像加工ツールをご紹介しました。

やはり有料のツールと比較すると機能面で見劣りする点があります。

しかし、簡単な画像加工に関しては無料ソフトでも十分に行うことができます。

ぜひご参考ください。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。