web広告の代表例:「リスティング広告」にありがちな失敗例をご紹介 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.22

web広告の代表例:「リスティング広告」にありがちな失敗例をご紹介

近年、インターネット上のwebサイトを閲覧していると、多種多様な企業の広告を見かけます。
それだけ、web広告の有効性は、多くの企業に認められているのです。
しかし、そんなweb広告ですが、失敗に終わってしまうことももちろんあります。
そこで今回は、web広告の中でも代表的なリスティング広告に焦点を当てて、ありがちな失敗例と、それを防ぐための注意点をご紹介します。

失敗例1:「キーワード設定の段階での失敗」

リスティング広告の成功のためには、自社の広告が表示される検索キーワードを適切に選定することが必要不可欠です。
不適切なキーワード設定の例を、以下に挙げます。

*予算があまりないのに、人気のキーワードを選んだ
検索回数の多いキーワードであるほど、広告主にとって魅力的であるため人気が高く、料金も高額です。
さらに、人気のキーワードほど、同時に表示される広告のクオリティも高く、競争率が高くなってしまいます。
そのため、広告に充てる予算が少ない企業は、思うような成果が挙げられないまま、あっという間に予算が尽きてしまうリスクがあります。

*広義の単一ワードを選んだ
検索ワードが一つの場合や、意味が広い場合は、そこからユーザーのニーズを つかむのが難しく、ユーザーにクリックしてもらえない、あるいはクリックしてもらえても契約や購入につながらない可能性が高くなってしまいます。
このような失敗をしないためには、キーワード選定の際に、競合性と検索ボリュームのバランスを考慮しつつ、ターゲットを適切に絞り込むことが重要です。

失敗例2:「ランディングページが不適切」

ランディングページとは、広告のリンク先のページのことです。
せっかくユーザーがクリックしてくれても、ランディングページが見づらい場合や、内容がユーザーのニーズを満たしていない場合は、成果を上げるのは難しいです。
検索キーワードからユーザーのニーズを把握し、それにマッチしたランディングページにする必要があります。

失敗例3:「成果分析と、その後の改善を怠った」

リスティング広告は、絶えず改善し続けられることが一つの魅力です。
そのため、最初のわずかな期間で思うような成果が出ないからと諦めてしまうのはもったいないです。
成果が思うように出ない場合は、クリック数の分析や、ランディングページの解析を通じて、改善を繰り返していくことが必要です。
以上、web広告のうち、代表例であるリスティング広告について、ありがちな失敗例やそれを防ぐための注意点を一部ご紹介しました。
見切り発車で初めて失敗してしまっては、それまでかけた時間・労力・費用のすべてが無駄になってしまいます。
失敗例・注意点をしっかりと把握して、web広告を成功させましょう。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。