SNS運用を始める上で準備しなければならないこととは | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.2.5

SNS運用を始める上で準備しなければならないこととは

こんにちは。

SNS運用をマーケティングの一環として始めたいけど何をすればいいのかわからないという方、

そんな方のために今回はSNS運用を始める上で準備しなければならないことについてご紹介します。

目的設定

SNS運用からどのような結果を得たいのかという詳しい目的設定が必要です。

そのための方法としてよく使われるのがペルソナ分析です。ある顧客像の特性を具体的にイメージし、その顧客像に刺さるようなマーケティングを考えて行く手法です。

ぼんやりとしたSNS運用は効果を生まず、むしろ逆効果になることもあるため、

組織全体で目的意識の共有が重要です。

道

SNSアカウントの開設

そもそもSNSとはsocial networking serviceの略称で、

日本含む一部アジアでしか使われない呼ばれ方です。

英語では一般的にsocial mediaと呼ばれ、具体的にはFacebook、Twitter、Instagram、LINEなどオンラインでコミュニケーションを取れるサービスのことを指します。

SNS運用を行う上でまず行うのはアカウントの開設です。

それぞれのSNSによって特徴が異なり、目的に応じたアカウントの設定が必要です。

Facebook

日本でのFacebookはユーザーの年齢層が比較的高く、字数制限がないため比較的長い文章を書くことができます。

コメントに対してもいいねなどのリアクションが取れるため、ユーザー同士の交流も盛んに行われます。

Twitter

若年層に人気で、140字という字数制限があります。

短い字数の中でキャッチーなツイートがバズりやすい(拡散されやすい)と言われています。

タイムラインが時系列で表示され、流れが早いため、

こまめな投稿をする必要があります。

Instagram

写真や動画を投稿し、そこに文章をつけることができるSNSアプリです。

基本的には写真や動画が投稿の中心となり、ユーザーは比較的若めです。

またストーリーという24時間で消える時間限定投稿がその手軽さから広く使われています。

見た目を重視するユーザーが多く、投稿する際にはデザイン的な戦略を重視する必要があります。

LINE

スマホを持っている日本人の多くが日常的に利用しているチャットアプリです。

LINEの運用には2種類あり、1つ目はタイムラインの活用、2つ目がダイレクトトークの活用です。

多くの幅にリーチできるサービスでありながら、

よりプライベート感が強くマーケティングや広告といったものをユーザーが嫌がる傾向があります。

SNS

まとめ

以上、SNS運用を始める際に必要な準備についてご紹介しました。

SNSにもそれぞれの特徴があり、使用用途によって向き不向きがあります。

むやみやたらと始める前にまずしっかりと目的を定めることが大切です。

この記事を書いた人

ニックネーム・役職Reach@ 管理人

ユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入りますユーザープロフィール情報が入ります
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。