記事を書く人必見!記事の文字数の目安をご紹介 | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2019.7.30

記事を書く人必見!記事の文字数の目安をご紹介

ブログやコラムをはじめとして、すでにインターネットの世界には膨大な量の記事がアップロードされています。
そしてこれらは今後も間違いなく増え続けていくでしょう。
一人でも多くのターゲットに読んでもらいたいという願望は、Webサイトや記事を作る人であれば誰もが抱えているのではないでしょうか。
そのために大切な要素の一つに、文章量があります。
そこで今回の記事では、記事の文字数の目安はどのくらいなのかをご紹介します。

記事に適した文字数とは

一般に、人間の集中力の持続時間は最短で3分程度と言われています。
また、大人が1分間に読める文章量は少ない人で500文字、平均的には800字前後と言われています。
これらのデータから考えると、1記事の文字数の目安として、最低でも1000文字程度は必要と考えましょう。

SEOを前提にした文字数

SEOとは「Search Engine Optimization」の略名で、検索エンジンの最適化を意味する言葉です。
また、Google等の検索エンジンでの検索結果で表示されやすくするための対策を「SEO対策」と呼びます。
日本の検索サイトといえば、「Yahoo!」と「Google」です。
よって、この2つで SEO対策ができていれば、とりあえずは良いということになります。
実は、Yahoo!の 検索エンジンは Googleのものを借りて使っているので、 Googleの SEO対策ができていればYahoo!も対策できたことになります。
基本的にGoogleは、500文字程の記事をあまり好みません。
文字数が少ないと、それだけ情報の少ない記事と判断されるからです。
一方で、逆に文字数が多くなり過ぎると、ユーザーが途中で飽きてしまい、記事を最後まで読んでくれない可能性があります。
そのため、滞在時間が短くなる傾向にあります。
つまり、「ユーザービリティー」に悪影響を及ぼします。
そうなると、Googleからの評価は落ちてしまい、結果として、文字数が多くても検索順位は下がってしまいます。
また、ネットに記事を書く際に、Googleを意識することは大切ですが、それ以上に大切なのは読者を意識することです。
Googleが検索順位を決める際に、クローラーというロボットを使っていますが、現在のクローラーはAI化しています。
そして、今後は精度が高まり続けるので、SEO対策を意識するよりも、「読者はどのような記事を好むだろう」という視点で考えたほうが良いと言われています。



まとめ

今回の記事では、記事の文字数の目安はどのくらいなのかをご紹介しました。
たくさんの人から読まれる文章にしたいとき、文章の質だけでなく、文字数にも注意する必要があります。
よって、基本的に、最低でも1000文字以上の記事を書くことをおすすめします。

この記事を書いた人

Reach@編集部Reach@ 編集部

ブログ更新代行、全国トップクラス!導入企業500社以上のコンテンツ作成サービスReach@(リーチアット)の編集部です。Reach@からのお知らせや、他社にはない強みなどをご紹介していきます。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。