企業ブログ更新において良いコンテンツとは? | Reach@(リーチアット)

お問い合わせ

2018.11.5

企業ブログ更新において良いコンテンツとは?

こんにちは!
未来電子テクノロジーコンテンツディレクターの川崎です。

2018年8月を境に検索エンジンの変更がありました。
この影響によって順位変動があったサイトも多いと思います。

いろいろな変化が謳われていますが、変わらず重要視されているのが『コンテンツの更新』です。
ただ単に日記のような更新をしても検索エンジンの評価には繋がりません。

では、どのようなコンテンツを更新しなければいけないのでしょうか?

『良いコンテンツ』を更新し続けなければいけません。
今回は、企業がブログ更新を行うことにおいて『良いコンテンツとはどういったコンテンツなのか?』を解決します。

 

定規で測る

『良い』基準はユーザーにとって役立つ情報かどうか

まず『良いコンテンツ』の定義は『ユーザーが知りたい情報が記載されているかどうか、ユーザーにとって役立つ情報なのかどうか』です。

検索エンジンを提供するGoogleやYahoo!は、インターネットを使うユーザーに出来るだけ多くの時間検索エンジンを使って欲しいと考えています。

ユーザーに長く使ってもらうには、ユーザーにとってメリットがなければなりません。

検索エンジンが提供できるユーザーへのメリットの一つは『検索エンジンを使えば知りたい情報が何でも知れる状態』です。

なので、検索エンジンは上記のようなメリットの精度を高めるため日々アップデートしています。

話が少し逸れてしまいましたが、要は日々更新するコンテンツもこの検索エンジンが提供したい価値に合わせていくことが重要なのです。

そのため、ユーザーがどういう情報を知りたがっているのか、知りたい情報をどういうキーワードで検索しているのかを仮説検証していかなければなりません。

この仮説検証の一つの方法としては、コンテンツを見るペルソナを細かく設定、『誰に』『何を届けるのか』を突き詰めて考えてみてください。

検索エンジンに信頼されるためには公開する情報の信憑性も重要

また、更新するコンテンツとして注意して頂きたいのが『情報の信憑性』です。

もちろんですが、嘘の情報を更新してはいけません。
検索エンジンもそこはシビアにチェックするよう進化しています。

そこでその情報の根拠が明確になっていることも大切です。

例えば、よく『〇〇ベスト10』のようなランキング記事があると思います。
今こういったランキング記事で検索順位が下がっているものが増えています。

考えられる一番の要因として、『どういった情報をもとにしたランキングなのかが不明確であること』です。

ランキングの記事が書かれる目的としては、そこで上位に紹介されている商品、サービスを提供している利益であることが多いです。

そういった記事でメリットとなるのはユーザーではなく、その企業です。

Googleもその企業へメリットを提供していますが、SEOの観点ではコンテンツにおいてあくまでユーザーにとってのメリットを重視しています。

そのため『誰が』書いているのか、『どんな』根拠をもとにしたコンテンツなのか一度チェックしてみてください。

 

コンピューターで解析

『良いコンテンツ』は一朝一夕では書けない

今回は『良いコンテンツ』とは何なのか?について説明致しました。

『良いコンテンツ』であるかどうかを決めるのはコンテンツを更新する立場の人ではありません。
あくまで検索エンジンやユーザーが決めます。

そのため、コンテンツ更新を始めてすぐに多くのアクセスやPVに繋がるわけではないです。
必ず仮説検証を重ねなければなりません。

やはり一朝一夕でうまくいかないところがコンテンツの難しいところです。

『餅は餅屋』にという形で専門家にも協力して頂き、コンテンツを更新してみてはいかがでしょうか?
弊社でも承りますので、お気軽にご相談ください。

この記事を書いた人

コンテンツディレクター川崎 修

立命館大学経営学部卒。 コンテンツ企画・運用を得意領域とし、主にコンテンツディレクションを担当している。企業メディアサイト立ち上げ、広告運用など幅広い経験をしている。Googleアナリティクス分析企業数は300社以上実施。コンテンツマーケティング導入企業の平均セッション数を150%UPするなど、多数の実績がある。
  • 記事作成で最も必要な要素とは?

    ブログ記事をライティングする人がSEOの知識があるプロかどうか?

    読み手にとってそれなりに自然な文章を書くことは、フリーランサーのライターやSEOについての知識のない人にも出来るでしょう。しかし本当に必要なのは検索エンジンに評価され、かつユーザーが求めている情報にプロとして回答できているコンテンツを提供できているのか?という事です。ターゲットのユーザーが検索するキーワード検索に対してきちんと検索結果に表示される記事であり、たどり着いたユーザーの悩みや問題を解決することで集客にも繋がります。

  • 記事のアクセス数が伸びない理由

    検索するユーザーのニーズにあった内容のコンテンツを提供出来ていないから

    webサイトに掲載しているブログ記事の内容は、どのように決めているでしょうか?企業側が発信したい内容と、ユーザーが必要としているコンテンツにはズレがあります。多くの企業は「ブログの更新の必要性」には気付いていますが、日常の出来事や、アピールしたい自社製品のPR、自社にとって喜ばしいニュースなどがメインになってしまっています。しかし実際にユーザーが必要としているのは、自分の悩みや問題を解決する方法です。

  • 質の高い記事は高価格という先入観

    Reach@は高学歴のGAIQ取得済みライターが在籍しているから実現出来ます

    弊社は関西で最もインターン生が集まる企業です。常時100名以上の優秀な学生たちが集まり、マーケティングについてプロレベルまで技術を磨いています。偏差値60以上の高学歴の学生ライターたちがReach@の正規ライターになるためには、必ずGoogleAnalytics認定資格を取得しなければいけません。webサイトのアクセス分析が出来るこの資格があるライターが書くからこそ、Reach@の記事は質が高く低単価を実現でいるのです。

  • 記事作成だけでなく更新作業も代行

    記事を納品するサービスはありますが更新作業も自社で担当すると大変です

    フリーランサーや記事外注業者など、あるキーワードやテーマを元に記事を作成してくれるサービスはこれまでも多くありましたが、Reach@では更新作業も全てお任せ頂けます。WordPressのブログの場合、タイトルやディスクリプションなどの記入もまとめて行っており、追加料金などはなく更新作業も全て含んだプラン料金となっています。面倒な更新作業も全てお任せ頂けるからこそ、義業の方が本来の業務に集中して頂くことが出来るのです。